いよいよ、皐月賞ですね。
個人的に皐月賞って悔しい思い出しかないんですよね。

はじめて現地で皐月賞を観戦したのは、2008年の皐月賞。
本命を◎タケミカヅチにしていたものの、キャプテントゥーレを全く持っておらず単調な逃げ切り決着。

馬券を惜しく外した上に、面白みのないレースだったとゴール前で悶絶していた記憶があります。

それにしても、今になって見てみるとこの年の皐月賞のメンバー酷いですね(笑)
ほとんどの馬の前走が弥生賞、スプリングステークスというのも時代の流れを感じさせますね。

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポッチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ




皐月賞 予想

今年の皐月賞は非常に難解。
散々言われているように、レベルが低いということもあるのだが、とにかく”横”の比較がしにくい。
前走の勝ち馬が10頭いて、戦ったことのあるメンバーが非常に少ない。
前走もスローのレースが多く、レベルの高かったのは皐月賞に結び付きにくいホープフルステークスと毎日杯。

本命は◎ファンディーナで勝負してみたい。

話題先行気味で馬券を買うのを躊躇する部分もあるが、土曜日の馬場状態を見る限りこの馬に利がある。
とにかく、今の中山コースは後方からぶん回しのような競馬では全く届かない。
必然的に、ある程度ポジションを取れる馬を買うのが的中への近道になるだろう。
2000m初挑戦、牝馬、折り合いと不安な面はあるが、レースぶりを見ている限りではそんなことを気にするようなレベルの馬ではないだろう。
岩田騎手の久しぶりのGⅠ勝利に期待したい!

対抗〇クリンチャー

先行馬を狙うならこの馬は買わないわけにはいかないだろう。
前走のすみれステークスでは逃げずに2番手から競馬をして、他馬とは全く違う上がりを繰り出して1着。
今回は大外枠であるということと、藤岡騎手ということで売れていないがこんなにバカにされるような馬ではない。

▲アルアイン

毎日杯からの参戦というのが気になるが、不安要素はこれだけと言っていいだろう。
ローラーをかけてくれたことで、この馬にはプラスに働きそうだし、しっかりとポジションを取ってくれそうな松山騎手というのもプラス。
前有利な立ち回り勝負のようになれば、この馬も有力だろう。

☆ウインブライト

前走王道組から指名するならこの馬だろう。
ある程度のポジションを取り、スッと加速できるこの馬にとってこの舞台がベストのはず。
ローラーの影響で、外枠というのが響きそうだがスムーズに運べれば能力、適性共に上位だろう。

◎ファンディーナ
〇クリンチャー
▲アルアイン
☆ウインブライト
△アダムバローズ
△カデナ
△レイデオロ
△アウトライヤーズ
×ペルシアンナイト
×サトノアレス




買い方

ワイド、馬連

◎―〇

3連複

◎―〇―印(重ね買い)

◎―〇▲―〇▲☆△

ボーナス 3連単

◎〇→◎〇▲→印

大本線は◎〇の2頭で決まること。
これが来たら帯封もあるかも。