フラワーカップ的中しました~~!

◎ファンディーナ▲シーズララバイ△ドロウアカード

で、馬連と3連複が的中!

今年に入って、重賞レースはいくつかは当たっていたものの、大きな配当が少なかったのでやっと当たったという感じです。

今週から4週連続GⅠということで、これでいいスタートが切れたと思ってここからGⅠ完全制覇を目指したいと思います。

フェブラリーステークスは◎エイシンバッケンでかなり悔しい思いをしたのでまとめて取り返したいと思います!




 

毎日杯の展望

過去5年の傾向

ラップ

2016年 良

12.6 – 11.5 – 12.2 – 12.6 – 12.7 – 12.4 – 11.3 – 10.6 – 11.4

12.6 – 24.1 – 36.3 – 48.9 – 61.6 – 74.0 – 85.3 – 95.9 – 107.3 (36.3-33.3)

2015年 良

12.9 – 11.4 – 11.6 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 11.2 – 12.2

12.9 – 24.3 – 35.9 – 48.2 – 60.5 – 72.5 – 83.8 – 95.0 – 107.2 (35.9-34.7)

2014年 良

12.6 – 11.3 – 11.5 – 12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.9 – 10.7 – 12.4

12.6 – 23.9 – 35.4 – 47.4 – 59.7 – 71.7 – 83.6 – 94.3 – 106.7 (35.4-35.0)

2013年 良

12.6 – 11.0 – 11.2 – 11.8 – 12.0 – 11.8 – 11.5 – 11.8 – 12.5

12.6 – 23.6 – 34.8 – 46.6 – 58.6 – 70.4 – 81.9 – 93.7 – 106.2 (34.8-35.8)

2012年 重

12.9 – 11.2 – 11.7 – 12.9 – 12.6 – 12.3 – 12.0 – 11.3 – 12.7

12.9 – 24.1 – 35.8 – 48.7 – 61.3 – 73.6 – 85.6 – 96.9 – 109.6 (35.8-36.0)

血統

阪神1800mで行われるレースということで、とにかく差し馬が有利になりやすいレース。
上がり1番を使えている馬は毎年馬券圏内に絡んできている。

血統的な傾向を見てみても、ディープインパクト産駒の成績がかなり良い。
ただ、阪神の外回りコースということである程度はスタミナが必要で、母系の血統には重めの血統が入っていたほうがいいのだろう。

差しが有利になりやすいだけに、枠順はどちらかというと外枠の方が有利。
最近は内枠の売れ方が非常にすごいので、こういうレースはしっかりとりたいところ。

経験が少ない馬たちの競馬になるが、新馬戦をスピードで勝ったような馬は軽視したいところ。

有力馬考察

サトノアーサー

前走のきさらぎ賞は重馬場に祟られてしまい、特殊な競馬に。
その後のタガノアシュラやプラチナヴォイスを活躍を見る限り、このレースでの好走、凡走は気にしなくてよさそう。
シクラメン賞の末脚はいくらペースが遅かったとはいえ、能力がなければ使うことができない脚だった。
ディープ産駒で、差し脚が生かされる舞台なので当然有力だと思うが、とにかく成績以上に人気を被る馬券泣かせの馬なので扱いは難しいが、この馬が絡まない馬券というのは配当を考えれば持っておきたい。

アルアイン

この馬の前走も重馬場のシンザン記念で6着。
外差しが見事に決まったレースで、道中内にいて直線では抜け出せず、全くといっていいほど能力を出し切れなかった。
立ち回りも上手なタイプではあるし、今後も馬券に絡むことは多そう。

クリアザトラック

前走の500万の内容が優秀。
同じ条件で行われた500万のレースでの好走なので、デムーロ騎手からの乗り替わりでもある程度人気にはなるだろう。
ただ、このレースは非常に差し馬に有利で、前走道中で掛かっていたのが非常に気がかり。
どのくらいの人気になるか次第だが、そんなに重い印は打たない予定。

おすすめ穴馬!

今回のおすすめ穴馬はプラチナムバレットとデュパルクカズマ。
クリアザトラックの勝った500万がレベルが本当に高ければ、人気的にも今回はこの2頭を評価したい。
差しがドンと決まるようなレースになれば、どちらかが突っ込んできてもおかしくはないだろう。