ブチコが引退してしまいましたね。
ゲート癖の悪さというのはなかなか治らないもの。
個人的には岩田騎手とコンビを組んでいた時が一番好きだったので、もう一度岩田騎手とのコンビを見てみたかったです。
白毛家系の馬なので母親として、競馬界を盛り上げていけるような馬を産んで欲しいと思います。
お疲れ様でした!

東海テレビ杯東海ステークス

アスカノロマン
なぜかいろいろなところから回避の情報が流れてきていたので、出ないと思っていたが出馬表にはしっかり名前が…
昨日、この記事を投稿しなくてよかった(笑)
前走は同じ舞台のチャンピオンカップで3着。昨年もこのレースを制しており、このコースへの適性は十分。
能力的にも上位なのは間違いなく、特に嫌う要素は見当たらない。
イメージ的に人気で買いたい馬ではないので、枠順や状態次第では嫌ってみてもいいかも。
3強では一番低い評価。

グレンツェント
ダートではベリーが後方から競馬をしすぎたユニコーンステークス以外はオール連対と非常に高い安定感。
はっきり言ってケチの付け所があまりない。
問題は相手関係だけ。
後方からレースをして取りこぼすことはあるかもしれないが…
馬券的に3連複や馬連はかなり買われそうなので、どのように買うかは難しいところ。

ピオネロ
こちらもダートに変えてからオール連対。
前走も阪神の2000mとはいえアポロケンタッキーにも先着。
タイム的にもかなり評価していいタイムで走っており、能力はかなり高そう。
未知数な分そこまで人気にならなそうなので、今回3番人気なら今後2度とない絶好のチャンスかもしれない。
オッズによっては単勝勝負なんかを考えてみてもいいかも。

おすすめ穴馬

ロワジャルダン
このレースはあまりおすすめしたい穴馬がいないが、あえて狙うならこの馬。
前走はかなり速い上がりを求められるレースになり、ポジション負け+キレ負けという印象。
中山1800mではセンチュリオンに0.3差。
レベルの高い4歳世代で、距離延長が良いほうに向けば人気より好走できるのではないだろうか。

 

基本的には上位人気が普通に走ってくるレースで、今回も上位人気は強そう。
ランク付けとして、

ピオネロ≧グレンツェント>アスカノロマン

こう考えているので、あとはオッズと馬券の組み立て方次第といったレースになりそう。