カーバンクルステークスは◎〇で決着!
思っていたより配当がなかったのが残念だが、なんとかこの勢いに乗って重賞的中といきたいところ。

東海ステークス

基本的には堅く収まることが多いレース。
このレースも基本的には3強を中心に考えたほうがよさそう。

本命はピオネロでいいだろう。
基本的に前に行ける馬がこのレースでは有利。
シリウスステークスの内容を考えれば、勝ち切る可能性が一番高いのはこの馬だろう。
今回、3番人気になりそうだったので本線を単勝にしようと思っていたのだが、まさかの川須騎手に乗り替わり。
福永騎手よりは腕が落ちるのは間違いないし、GⅡで頭で信用して買えるかと言われると不安。
勝負度を落として、取りこぼすパターンも多めに買っておきたい。

対抗はグレンツェント
この馬はポジション取り次第。
後方からの競馬をするとはいえ、スタートは上手なタイプ。
横山騎手ということで不安は少しあるが、上手く乗ってくれれば頭まで。

ロンドンタウン
穴ならこの馬だろう。展望の記事でも紹介したが、レベルの高い4歳勢。
前走は35秒台の上がりが求められるレースになり8着になってしまったが、1800mへの距離延長は良さそうだし、2走前ぐらい走れれば十分圏内。

アスカノロマン
適性十分で前走もハイペースの中粘って3着。
嫌う意味もそれほどないが、イメージ的には人気で来るイメージがない。

◎ピオネロ
〇グレンツェント
▲ロンドンタウン
☆アスカノロマン

買い方

単勝 ◎
馬連 ◎―〇▲☆
3連複 ◎―〇☆―▲
3連単 ◎〇→◎〇→▲☆
3連単 ◎→〇▲☆→〇▲☆

このレースは買い方勝負ということになりそう。