2:26.9!

歴史的大凡戦ダービーでしたね。
当初からレベルが低い世代だと言われてきましたが、こんなにひどいレースになるとは思ってもみませんでした。

タイムが遅いとかではなく、ダービーなんですから全馬勝ちに行って欲しかったですし、どの馬にもチャンスがあるようなレースになって欲しかった。

予想の方も全くダメ。
目黒記念も◎ヴォルシェーブ△ハッピーモーメントだったんですが、ルメールにしてやられてしまいました。
参考にしていただいた方申し訳ありません。

それにしても、ルメールは上手かったですね。
誰の目に見てもスローだとわかるレースで、完璧なタイミングでの捲り。
イメージ的に先行してそつなく持ってくるのがこの騎手のイメージだったのですが、今回は勝ちに行っての勝利。
この騎手でなかったら、勝ちは全くなかったでしょう。
おそらく、菊花賞にはいかないと思いますが本来は立ち回り勝負は得意ではないはず。
フロックと見ていいのではないだろうか。

1番腑に落ちないのは、クリンチャーですよね。
逃げ馬を買って逃げず後方にいるなんてことは、競馬をやっていればいくらでもあることですが流石にこれはちょっと酷すぎましたね。
目黒記念は意味の分からないほどの大逃げで、フェイムゲームの勝利のおぜん立てをするという…

なんでもこのレースでネットなどで相当叩かれているらしく、ネット競馬さんのコラムに謝罪文のようなものが載っているらしいです。

らしいというのは、私が読んでいないからです。
読む予定もありません!

言い訳は聞きたくないとかではなく、騎手には余計な感情を持たないほうが良いと思うんですよね。
好き嫌いもそうですが、いいことがあることの方が少ないと思います。
考え方は人それぞれだとは思いますが。

今年はPOGなんかにもちょろっと参加しようと思っているので、来年のダービーは勇気を出して現地観戦できたらと思っています。

安田記念には天敵イスラボニータがいるんですが、なんとか的中させたいと思います!

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ