木曜日に競馬があるっていうのも、なんだかリズムが崩れますね。
金曜日からの3日間開催よりはいいですが、せめて枠順発表は早くしてほしいです。

シンザン記念

京都金杯と全く同じ舞台で行われる重賞で、京都金杯と同じく枠順に受ける影響はかなり大きいだろう。

ペルシアンナイト

→アイビーステークスでソウルスターリングの2着。次走のこうやまき賞でも完勝。
今回は、秋山騎手からデムーロに乗り替わるということで人気になるのは確実だろう。
ただ、やはり気になるのは血統とレースぶり。
ハービンジャー産駒にありがちな反応に遅く長くいい脚を使うタイプで、今回の京都の舞台が合うとは思えない。

アルアイン

→2連勝でこの舞台に進んできたということでこの馬も人気になるだろう。
前走の千両賞はレベルこそ疑わしいものの完勝と言っていい内容。
シュミノー騎手は非常にイン突きを得意にしているジョッキーだし、内枠を引くことができればこのレースでも好勝負になるだろう。

トラスト

→この馬も単勝はそれなりに売れるだろう。
とにかくキレる足がないので自分のペースに持ち込めば強いが、スローに落としすぎてしまうとキレ負けしてしまう。
前から競馬ができることと自分の形に持ち込めば強いこういう馬は覚えておかなければいけないが、このレースが狙い目かと聞かれたら違う気がする。
今回のレースでも一応押さえておかなければいけない1頭だとは思うが…

 

おすすめ穴馬

マイスタイル

→netkeibaさんの予想オッズでは全く人気がないが、おそらくここまで人気薄にはならないだろう。
新馬戦はいかにも福永騎手が競馬を教えているといったレースで、ロスの多い競馬をしてあの内容なら十分評価に値する。
未勝利戦では、内でじっくり足を溜めて直線では早めに抜け出し完勝!
枠順次第なところはあるが、スタート上手な福永騎手が内枠からロスのない競馬をすれば食い込みもありそう。