リニューアルして再スタートした当ブログですが、ただただ馬券下手をさらすブログに…

◎モリトシラユキ〇アロリエッテで手広く勝負と言っておきながら馬券が取れてない!
手広く勝負なのだから、人気のないところはしっかり押さえておかないといけなかったですね。
こういうときはワイドとの併用をしっかりしていきたいと思います。

愛知杯

シャルール

net競馬で1番人気想定。
この馬が評価されているのは福島牝馬ステークスの2着とクイーンステークスの2着があるからだろう。
福島牝馬ステークスは16番枠からのスタートで、道中のロスもかなり大きかった。
このレースぶりを見て注目していた1頭なのだが、強いメンバー相手ではさっぱり。
今、メンバーを見返してみると相手が弱かったから好走できただけのような気も。
1番人気で買いたい馬ではない。

ヒルノマテーラ

前走のチャレンジカップは、大外をぶん回して10着。
上位に来た馬はほとんどが道中ラチ沿いを走っていて、このレースは度外視と見ていいはず。
勝ち上がってきたレースがタイムランクEのレースでレベルが低かったこともあり信用はしにくいが、マンハッタンカフェ産駒ということもあり、外差しが決まる中京らしい馬場になれば好走もありそう。

 

クインズミラーグロ

前走はアッと驚くような好走だが、ウエルカムステークスのレース映像をみてみると、直線で挟まれてしまっている部分がありかなりのロスがある内容だった。
福島牝馬ステークスではロスの多い競馬をしながら、シャルールの0.2差の5着と力は見せていた。
今回は、シャルールと斤量差があるしスムーズな競馬ができれば逆転もあるだろう。

おすすめ穴馬!

アンジェリック

前走はタイムランクEの1600万のレースで7着と表向きは評価しにくい馬だが、レース映像を見てみると勝負どころの4コーナーでスムーズに加速できず追い出せたのは直線を向いてから。
そこからの伸びは目立っており、スムーズならと思わせる内容だった。
甲斐路ステークスは「ポツン」からの最速上がりで4着。
距離延長がどうかだが、追走が楽になるメリットもあり、枠順と馬場状態によっては1発があっても。

毎年波乱が起こるレースで、上位人気になりそうな馬たちも信頼はできなそう。
とにかく、馬場傾向がコロコロ変わる中京ということもあり予想は難しくなりそう。