ぎゃーーーーーー!

今年のフェブラリーステークスはテレビで観戦していたのですが、ゴール直前で本命のエイシンバッケンがカフジテイクに差されてしまうという悲劇が…

勝ちきるなら、デムーロの乗るゴールドドリーム。
2着は安定と信頼のベストウォーリア。
ノンコノユメは意外と伸びず、サウンドトゥルーとカフジテイクはロスの多い競馬をする中、エイシンバッケンが2頭よりロスが少なく回ってきて3着。

こうなれば完璧だったのに、最後に垂れてしまいました。
この組み合わせはボーナスも多めに持っていたので、悔しい…

アーリントンカップ

傾向

この時期に行われる3歳重賞なのに、さほどクラシックに直結せず地味なイメージのレースだったが、近年は距離適性を考えた使い分けがしっかりとされている印象。
このレースを勝った馬たちはのちに活躍している。
阪神1600mということで実力が問われるレースになることが多い。

このレースだけを見ても感じることだが、開幕週の割に外枠の活躍が目立つ。

阪神の1600m戦というかなり広いくくりで見ても馬券で買うなら圧倒的に外。
特に、ここ2年くらいはエアレーションの影響で開幕週から差しが決まることが多い。
開幕週で読みにくい部分はあるが、異常な内枠有利とかでない限りは人気が落ちそうな外枠の馬を狙ってみても面白そう。

有力馬考察

ペルシアンナイト
前走は開催中の雨の影響で一気に重馬場になり、外差し馬場に。
そんなレースで内枠からのスタートで、内に包まれる形。
直線でもなかなか追い出せず、追い出せたのは他馬が加速しきってから。
反応が遅いこの馬にとっては致命的な不利だった。
重賞で乗れていて、当たりの強いデムーロ騎手は合っていそうで当然プラス。
ただ、積極的に買いたいかと聞かれたらノー。
不安要素はハービンジャー産駒だということと前走の不利が目立ちすぎということ。
ハービンジャー産駒は大物が出てこず、パターン的にこの辺で躓きそう。
開幕週の阪神というのもあまり買いたい条件ではない。

キョウヘイ
未勝利戦、小倉2歳ステークスと非常にいい競馬をしており個人的には注目していた馬。
万両賞でさっぱりだったので、距離短縮で狙おうと決めていたがさらに距離延長の千両賞でアルアインの2着。
どちらも重馬場だったというのがやはりネック。
そもそも、重い馬場でないと走れないタイプの可能性もあるし、若いときに2度きついレースをしたことがそろそろ影響してきそうな感じも。
狙いどころを過ぎている感じもする。

ヴゼットジョリー
前走の阪神JFで5着。新潟2歳ステークスの勝ち馬となれば実績は最上位。
新潟2歳ステークス組はのちに活躍できている馬がほとんどおらず、高評価するのは危険。
阪神JFこそ17番枠から内に入り、狭くなるシーンもありながら5着なので多少は評価できそうだが、どちらかと嫌って妙味がありそう。

おすすめ穴馬!

ディバインコード
新潟でレベルの高い勝ち方で未勝利戦を勝ち上がり。
京王杯というと例年勝った馬もあまり活躍しないレースだが、今年はモンドキャンノとレーヌミノルがGⅠで活躍しており、今年は多少期待してもよさそう。
ジュニアカップではタイムトリップも破っているし、開幕週の馬場状態も味方してくれそう。