今週から本格的なクラシックの前哨戦がスタートしますね。

個人的に皐月所の前哨戦と言えば弥生賞が一番好きなんですよね。

弥生賞→皐月賞→ダービー→神戸新聞杯→菊花賞

このローテーションが個人的には大好きです(笑)

近年では、スプリングステークス組や共同通信杯からの直行組に押され気味ですが、皐月賞と言えば弥生賞!というイメージがいまでも残っています。

年のレベルがはっきり出るレースと言えそうで、波乱ならやっぱり今年の世代は弱いということに…

弥生賞

過去5年の傾向

昨年はかなりハイレベルな弥生賞でしたね。このレース映像はいつ見ても興奮します。
このくらいレベルが高く抜けた馬がいれば、上位人気で決まることもあるが今年はそれには該当しない。

所詮前哨戦という考え方を捨てすぎて、先週は痛い目を見たのでしっかり前哨戦として予想したいと思います。

枠順を見てみると内枠の馬の活躍が目立っていて、実力勝負というよりは勝負気配と立ち回り勝負になりがち。
スローペースでレベルの低い重賞になる可能性も高く、 穴馬が絡んでいる年も多いし、穴馬から積極的に狙ってみたいレース。

 

有力馬考察

カデナ

個人的に今年応援している馬。
レベルの高かった百日草特別では、直線でなかなか馬群が捌けず仕掛けが遅れてアドマイヤミヤビの2着。
スムーズなら頭まであっても全然おかしくないような内容で、次走はヴァナヘイム相手に完勝。
玄人に人気しそうなタイプだが、不安要素もある。
この世代はディープインパクト産駒がほとんど活躍できておらず、ディープインパクト産駒は今年重賞未勝利。
福永騎手ならかなり大事に乗るはずで後方からいい脚を使うも届かずみたいな展開になりそうな予感はします。

ブレスジャーニ―

実は個人的に新馬戦のレース内容を見て、狙い続けてきて結構稼がせてもらった非常にイメージのいい馬。
なかなかここまで地味な馬もいないというくらい地味な馬だが、こういう馬こそ馬券の強い味方。
サウンドトゥルーの騎乗で善臣先生というだけで、人気を落としそうだし狙ってみたい馬だが、なにやら出走するかよくわからない状況。
この馬はどのレースに出てきても買ったほうが良い(穴馬なら)タイプの馬なので覚えておいたほうがいいだろう。

ダイワキャグニー

新馬戦を好タイムで勝利して、続くセントポーリア賞はエトルディーニュに0.3差をつけて完勝。
単純に位置取りが良かっただけではなく、ゴールまでしっかりと脚を使えており距離延長はプラスに働きそう。
エトルディーニュを物差しにすれば、この馬の能力の高さは証明されている。
展開的にも恵まれそうで、当然有力な1頭。

グローブシアター

活躍馬を出しているシーザリオ産駒だが、この馬はよくも悪くもシーザリオ産駒っぽくない。
なんだが、小柄で落ち着いてしまっていて荒々しさや大物感がない。
なんとなく、大物感がないところと川田騎手の騎乗スタイルがこのレース向きな感じもするが…

 




 

おすすめ穴馬!

マイスタイル

人気がない中で狙ってみたいのはマイスタイル。
シンザン記念では負けてしまったが、重馬場での競馬だった上に道中はスムーズさを欠いて5着。
次走のこぶし賞は着差こそ大きくつけられなかったが、まだまだ余裕という感じのレース。
今の中山馬場状態には合っているといえそうで、先団から早めに動いてそのままなだれ込みという展開があってもおかしくない。