イスラボニータとは相変わらず、相性が悪いですね。
立ち回り勝負に強いタイプだというのはわかっていたのですが、まさかあんなにあっさり内に潜りこまれてしまうとは…

本命にしたプロディガルサンはスタートで終了。
競馬なんて、展開読み通りになることの方が少ないですが、川田騎手は複勝率も高く大きいレースでも来る騎手ではあるのですが、先行してくれないと希望が一気に無くなってしまいますよね。

今週は天皇賞(春)と青葉賞の2重賞+海外競馬なのでじっくり予想して的中に結び付けたい!

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ

 

天皇賞(春) 展望!

過去の傾向

パッと見ればわかるように、圧倒的に内枠が有利なレース。
フェイムゲーム、トーセンジョーダンの年は特殊なレースになったということもあり度外視でもいいレベル。

また、1番人気が勝てないレースでも有名であり、今年もキタサンブラックとサトノダイヤモンドのどちらが1番人気になるかは重要なポイントになるかも(笑)

ゴールドシップの勝った年は水が撒かれて馬場が緩かったという、後日発表があった。
そういうことをしてくる可能性があることも頭の片隅には入れておきたい。

有力馬考察

サトノダイヤモンド

菊花賞、阪神大賞典と3000mのレースを2連勝。
菊花賞は立ち回りが求められ、阪神大賞典は力を求められるということもありどちらも買ったというのは競走馬として理想的な素質を持っているということ。
特に前走は勝ちに行ったシュバルグランを叩きのめした。
余程の外枠とかではない限り、馬券圏内は堅いだろう。

キタサンブラック

有馬記念ではサトノダイヤモンドの徹底マークに合い僅差敗れてしまったが、大阪杯は完勝と言える内容。
元々、「恵まれているだけ」と評価が上がらなかった馬だが古馬になり能力が認められ始めてきた。
JCまで疑い続けた私としては、外枠でも引いてロスの多い競馬になると危ないと考えてしまいたくなる。
枠順次第でオッズも反動しそうなので、枠順が出てからしっかり考えたいところ。

シュバルグラン

今回のメンバーで距離適性が高そうな1頭。
前走も、弱気な福永騎手にしては攻めた騎乗をしたいい競馬だったが、サトノダイヤモンドと力の差があることを証明してしまったのも事実。
今回は京都替わりで、立ち回り勝負になりそうなので内枠を引ければ、福永騎手の消極的な2~3着というのはあるかもしれない。




おすすめ穴馬!

レインボーライン

シャケトラの方が人気になるなら断然こちらを狙うべきだろう。
菊花賞でロスの多い競馬をして、サトノダイヤモンドの2着に来たというのは力のある証。
前走も、デムーロ騎手が内に入れてしまったための敗戦と言えそうで、継続騎乗で本番の今回あんなヘマをするとは思えない。
最も、デムーロが乗ってしまうだけで大きくオッズが動いてしまうのでどのくらいの人気で変えるかが重要になりそう。(下手をすると単勝3番人気なんてことも…)