アドミラブル強かったですね。
馬券の方は、本命にした◎マイネルスフェーンが早々に脱落してしまったものの、本線を馬連3頭BOXにしていたので、何とか的中!
配当が安く、大きな利益は出すことはできませんでしたが(>_<)

天皇賞(春)ではスカッと当てたいところです!

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ

天皇賞(春)

キタサンブラック 対 サトノダイヤモンド

今年はこの対決に注目が集まっていて、この2頭の馬連は2倍台になるだろう。

このレースは過去の傾向を見る限り、ゴールドシップのような馬がレースをぶち壊さない限り、長距離のスタミナ比べというよりも立ち回り勝負になりやすく、圧倒的に内枠が有利。

それゆえに、枠順はこのレースにおいてかなり重要な予想ファクター。
ただ、そんな重要な枠順も蓋を開けてみれば最悪な枠順。

最有力と見られていたサトノダイヤモンドは大外枠の15番。
おそらく、ルメール騎手は相手をキタサンブラックだけに絞ってくるはずで、有馬記念のように楽をさせずぴったりマークすることが理想だが、この枠順では…

本命は◎レインボーライン

前書きを無視するかのような本命(笑)

今回は最悪の大外枠。
このレースでの外枠ははっきり言って超鬼門だが、それがファンの間に浸透しきっているというのも事実。
前走も本命にした同馬だが、結果は最悪の4着。
レース的にも直線で明らかに追えていないシーンが目立ち、デムーロの継続騎乗ということもあり人気確実だと思っていたが最悪の外枠のおかげで、単勝は20倍を超えそうなほど人気がない。
菊花賞を見る限り、長距離適性は十分にありそう。
先行馬でない分だけ、外を回るロスは少なくなりそうで、後方から突っ込んでくるならこの馬だろう。
内ラチがなくなったところでのワープを期待!

競馬の基本は逆張り!デムーロ様お願いします。ペコリ(o_ _)o))

対抗〇シュバルグラン

前走はサトノダイヤモンドを倒すために早めに動くという福永騎手らしくない競馬だったが、内容的には非常に優秀。
今回は内枠が引けて、GⅠの福永騎手となれば好スタートから内のポジションを取りじっとしているはず。
人気両頭が潰しあうような競馬をしてくれれば。
ただ、他の有力馬が極端な枠に入ったことで、この馬に人気が集まりすぎてしまっている印象。

▲キタサンブラック

前走の大阪杯では素直に本命に据えたが、(結果はヒモ抜けでハズレ)今回は少し嫌ってみたい。
外枠に入ってくれれば△くらいまで評価を下げたかったのだが、今回も豪運を発揮して理想的な3番枠を確保。
嫌う理由はやはり距離。
昨年こそこのレースを制したものの、展開に恵まれた部分が大きかったのは事実。
カレンミロティックにあそこまで詰め寄られたのは、JCや大阪杯のレースぶりを見ている限り距離が長かったと考えていいのではないだろうか。
今回は徹底マークを受けそうだし、昨年ほど楽なレースにはならないだろう。

☆サトノダイヤモンド

この馬のこの枠順はレインボーラインよりも最悪。
キタサンブラックを倒すためには、ある程度の位置につけなければならず、この枠順では道中ダラダラと外を走らされることがほぼ確定。
GⅠのルメールは勝負弱い部分もあり、取りこぼしもありそう。

△アルバート

ダイヤモンドステークスでスローの中、33.4という脅威的な上がりを繰り出して完勝。
多少でも早く流れれば。

△ディーマジェスティ

菊花賞のあと有馬記念ではなく、JCを使ったことでケチが付いたようにも感じるが能力的には通用してもいいはず。
蛯名騎手というのは、早仕掛けをして勝手に自爆するパターンが多い。
大外をぶん回して終了する可能性も大きいが、万が一内を突いてくるようなレースになると食い込みも。

×ファタモルガーナ
×ゴールドアクター

シャケトラは思い切って消し。
マンハッタンカフェ産駒で大型馬の最内枠。
走る気をなくしやすいマンハッタンカフェ産駒にとってかなり過酷な条件になりそう。
前走も、嵌りすぎた印象で内容的にはレインボーラインに劣っているように感じるしここは消したい!

◎レインボーライン
〇シュバルグラン
▲キタサンブラック
☆サトノダイヤモンド
△アルバート
△ディーマジェスティ
×ファタモルガーナ
×ゴールドアクター

 


買い方

基本的には上位印4頭で決まるパターンを買ってみたい。

馬連

◎〇―◎〇▲☆ (5点)

馬単

◎→〇▲☆
▲→◎〇

3連複

◎―〇▲☆―印 (重ね買い)