大阪杯の展望!

過去の傾向

今年からGⅠに昇格。
過去の勝ち馬を見ると、確かにGⅠに昇格してもおかしくはないレースだが、なぜ内回りなのだろう。
阪神の外回りは非常に力を発揮し易い舞台で、スローで単純な前残りのような競馬が起きにくい条件。
外回り競馬で、本当に強い馬が勝つようなレースにして欲しかったのだが…

今年からGⅠに昇格したことで、ペースが速くなりあまり傾向はあてにならなそう。
コース替わりがあるので、馬場状態の見極めの方が大切になりそう。

有力馬考察

キタサンブラック

今回、この馬の1番人気は揺るぎないだろう。
この馬はとにかく恵まれ易い馬で、いつか飛ぶだろう、いつか飛ぶだろうと思っていたがダービーで大敗してから、1度も崩れることなくここまで来た。
負けるとすれば、昨年の大阪杯や有馬記念のようにスローになってしまいキレる脚のある馬に完全に目標にされてしまうパターンだろう。
ただ、今年はGⅡからGⅠへの昇格ということもあり、皆勝負を仕掛けてくるはずで昨年のようなスローにはならないだろう。
余程のことがない限り、馬券圏内は堅いと思うが、オッズと比較すると頭では買いにくい存在。

マカヒキ

今年になっても存在感を増しつつある、4歳世代のダービー馬。
昨年は、ダービーを勝った後フランスへ。
凱旋門賞は度外視でも良さそうだが、京都記念はサトノクラウンだけではなくスマートレイヤーにも先着されてしまった。
京都記念は稍重だったし、元々京都記念自体がその年初戦の有力馬を飛ばし易いレースなのだが、春先の活躍を考えるともっとやれても良かったはず。
成長力があるディープインパクト産駒だが、早くから走らせすぎるとすぐに枯れてしまう面もあり、3歳からの海外遠征はこの馬にとってプラスに働くとは思えない。
ダービー馬というのはワンアンドオンリーのようにとにかくネームバリューで売れてしまう傾向があるが、ダービーというレースは立ち回り、切れ味、運が必要とされるレースでこのレースで問われる適性とは異なっている。
今回はBコース替わりで、GⅠ昇格1回目なので変に馬場をいじっていいタイムが出るようにしたりしてこなければ、荒れ始めた阪神では少し割り引きたい。

サトノクラウン

重馬場の京都記念を勝ったあと、なかなか成績を出せずにいたが香港競馬で復活の勝利。
次走の京都記念もマカヒキを破って、昨年に続いての連覇を達成。
血統からも、戦績からもかなり重馬場は得意そうなタイプ。
前走も、デムーロ騎手が上手く乗ったこともあるが、一度はマカヒキに並ばれるシーンがありながら最後には離しており、単純に位置取り勝ちしただけという内容ではない。
デムーロ騎手で過剰人気しそうなのが悩みの種。




おすすめ穴馬!

マルターズアポジー

このレースで狙ってみたいのはこの馬だろう。
同型にキタサンブラックがいるが、おそらくこの馬がハナを奪うはず。
前走は一見地味な小倉大賞典の勝利だが、1000m通過57.6というハイペースで逃げて見事に逃げ切り。
同じく先行したロードヴァンドールが次走で、ヤマカツエースの2着とメンバーが強くなってもこの距離ならやれるだろう。
キタサンブラックがこの馬を無視して、2~3番手からの競馬を選択すれば残り目があってもよさそう。