佐賀記念が的中しましたー!
ロンドンタウン1番人気だったみたいですね(>_<)
3番人気くらいになると思って本命にしたつもりだったのですが….(笑)

本来は昨日、更新する予定だったのですが自分でも信じられない時間に寝落ちしました(>_<)

共同通信杯

レベルの低い今年の牡馬戦線。
近年は共同通信杯から皐月賞馬が3回出ていますし、そろそろ大物に出てきてほしいところです。

ここには大物候補が何頭かいるので、何とかいいレースを期待したいものです。

こうしてみてみると、皐月賞の上位馬が非常に多い。
弥生賞→皐月賞よりも共同通信杯→皐月賞の方にシフトしている感じ。
皐月賞に勝ちそうな馬を選ぶというのも、傾向的には間違っていないかも。

基本的にはきさらぎ賞同様本当に強い馬がいれば勝つレース。
素直に強い馬から買うのが正解だろう。

有力馬

ムーヴザワールド
この馬が勝った新馬戦はこの世代に行われた新馬戦の中でもかなりのハイレベル。
調教のタイムが悪く、個人的にはかなり疑っていた新馬戦でエアウィンザーに先着。
次走の東京スポーツ杯では、エンジンのかかりが遅く外からスワーヴリチャードとブレスジャーニ―に交わされたが、最後までいい脚を使い僅差の3着。
今回休みを挟んだことで、馬が大きく成長している可能性もある。
エンジンのかかりが遅いので、スローの切れ味勝負になったときに早々に出し抜かれるパターンはありそうだが、乗りなれたルメール騎手というのはプラスだろう。

スワーヴリチャード
新馬戦は直線で外に持ち出すのに時間がかかりハナ差負けだが、次走は期待に応える完勝。
4コーナーで仕掛けてからのスピードの乗りが非常に良く、共同通信杯でも外から直線入り口であっさりムーヴザワールドを置き去りに。
昨年末の東京競馬とは馬場の質が違うので、スッとスピードに乗れるのはこのレースではプラスだろう。
不安なのはスタート。
とにかくスタートがへたくそな上に四位騎手ということもあり後方からゆったりというレースになりそう。
ハイペースにはなりそうもないので、ロスの多い競馬や位置取り負けするということも大いにありそう。

エアウィンザー
血統的背景などから、新馬戦の時から過剰人気気味。
武豊騎手らしい騎乗で2度の取りこぼし。
ここ3走の内容は悪くないので、負けた2走で評価を落とすなら買いたいがおそらくそこまでは落とさないだろう。
自分からレースを作ったり壊す騎手ではないので、良い競馬をして負けるパターンのような気も。

現時点の評価では

スワーヴリチャード>ムーヴザワールド>エアウィンザー

という序列。

おすすめ穴馬!

エトルディーユ
この馬はとにかく相手に恵まれていない。
アウトライアーズ、サトノアレス、ソウルスターリングと今年の世代の上位とばかり戦っていながらここまですべて掲示板を確保。
今回は先行したい馬がおらず、展開も向きそう。
田辺騎手はディアシューターに乗りそうで、騎手は現時点ではわからないが積極的な競馬をしてくれそうな騎手が乗ってくれたら狙ってみたい1頭。

チャロネグロも前走で急にパフォーマンスを上げてきた1頭で注目はしているが、かなり狙われそう。
オッズ次第ではもちろん狙ってみたい馬だが、信じられないくらい人気になってしまうかも(笑)