先週の重賞回顧です。

牝馬のクラシック第一弾の桜花賞が行われた先週は、中山、阪神ともに雨の影響をかなり受けた。
重馬場というのは、予想泣かせ、回顧泣かせ…




桜花賞

前日に3000万をソウルスターリングに突っ込んだという情報があり、ソウルスターリングの完全1強というようなオッズに。

1着 レーヌミノル

一番能力比較がしやすいと思っていた馬で、今回人気になっている馬たちに完敗。
桜花賞ではフィリーズレビュー組の成績も悪く、この馬自身距離延長で差しの決まる今回は厳しいと思っていたが、早めに抜け出して勝利。
重馬場適性もありそうではあるが、とにかくいいコースを通ったというのが一番の勝因だろう。
この日の阪神は内は荒れていて悪いが、外を回しすぎると距離のロスが大きくなりすぎて届かないというレースが多かった。
上位3頭が同じように、馬場の中ほどを通っており池添騎手の好騎乗が目立つ1戦だった。

2着 リスグラシュー

内枠でじっくり脚を溜めて、直線では馬場のいいところへ上手く持ち出し伸びてきて惜しい2着。
東京競馬場の方が向いていそうだし、オークスではかなり有力な1頭になったといえるだろう。

3着 ソウルスターリング

重馬場が祟ったこともあるが、ここまであっさり負けるとは思っていなかった。
もちろん、良馬場の方がハイパフォーマンスができるのだろうが根本的に過剰評価されすぎていたのだろう。

4着 カラクレナイ

フィリーズレビュー組であるとすればこの馬だと思っていたが、ポジション取りが後ろになりすぎてしまい4コーナーでもスムーズさを欠いた。
レースぶりを見る感じでは1400mがベストと言えそうで、1400mならかなりいいところまで行けるのではないだろうか。

5着 アエロリット

これはかなり残念な後方待機策。
最後にはかなりいい脚で伸びてきていただけに、普段通り前目の競馬をしていたら馬券圏内もあったのではないだろうか。

6着 ディアドラ

大外枠で位置が取れず最後方からの競馬になってしまったが、上がり最速で6着。
ハービンジャー産駒なので、この馬場が向いたということはありそうだがパワーの求められる馬場で人気がなければ狙ってみる価値はありそう。

12着 アドマイヤミヤビ

ゲートで多少遅れてリズムを崩したのか、後方で追われてもなかなか反応できず。
コース取りのロスもあったが、最後は全く伸びておらず評価できるような内容ではなかった。
距離だけでここまで負けるとは考えにくく、体調にも問題があったのではないだろうか。

 

本来能力が問われる舞台になりやすい桜花賞だが、雨の影響でこの馬場をこなせて馬場のいいところを通った馬が活躍するレースになった。
このレースの扱いは今後難しくなりそうで、オークスでは桜花賞組をどう評価するかがカギになるだろう。

 


ニュージーランドトロフィー

予想の段階から難しいレースだと思っていたが、終わってみればスローの前残り。

1着 ジョーストリクトリ

早い脚を使うことのできない馬で、今の馬場が非常に向いていたのだろう。
ポジション、条件、などが完璧に噛み合った印象で人気を落とすまでしばらくはいらない馬という認識でいいだろう。

2着 メイソンジュニア

内枠からすんなりハナを奪い、スローに落として2着を確保。
スローで上がりのかかる特殊な競馬にならないと厳しそうなタイプで、重馬場や開催終盤とかなら狙えそう。

3着 ボンセルヴィーソ

大外枠なのが堪えたが、スローならこのくらいの競馬はできる馬。
今回の上位馬の中では条件を選ばなそうなタイプなので、常に1枚は抑えておいたほうがいいだろう。

5着 タイムトリップ

今回展開が向かなかった中で一番好走したと言えるのはこの馬だろう。
中山1600mの外枠でこれだけ走れたのだから、今後が楽しみになった。

このレースも、馬場適性がありある程度のポジションを取れないと厳しいレースになり特殊なレースになった感じ。
このレースでプラスの評価ができるのはタイムトリップくらいで、他の馬は恵まれたか度外視でいい。

 

阪神牝馬ステークス

能力が問われやすい舞台だとはいえ、重馬場でヴィクトリアマイルのトライアルという位置づけのこのレースで波乱を期待したが、終わってみれば能力上位の3頭が順当に好走するレースになった。

1着 ミッキークイーン

勝ちきれないレースが続いており、重馬場ということで評価を下げてしまったが外から一気にジュールポレールを抜き去った。
このメンバーではさすがに能力上位だったということだろう。

2着 アドマイヤリード

最後は馬場の悪い内から伸びてきての2着というのは相当評価して良さそう。
こういうレースしかできない欠点があるが、能力自体はかなり高い。

3着 ジュールポレール

ここまでの連勝は納得できる内容だったが、相手が強すぎた。
先行していい脚を使えるタイプということで、メンバーに恵まれればあっさり重賞でも勝てるだろう。

4着 クロコスミア

楽に逃げることもでき、馬場適性もあるが上位のメンバーが強すぎた。
人気がない時ほど注意が必要な1頭だろう。

15着 クイーンズリング

デムーロ騎手が時々やる無理な先行策で直線は完全に失速。
もともと、乗り難しい馬だし所詮はトライアル。
こういう馬が人気が落ちてくれれば次走以降狙いやすくもなるのだが、デムーロ騎乗だと人気はそこまで落ちないだろう。

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポッチってください。ペコリ(o_ _)o))

皐月賞の本命候補の名前を載せておきました↓
ブログ紹介欄に書いてあります。


競馬ブログランキングへ