飲みから帰って来ました!
飲んでからでもブログを更新できるくらいの飲み方がちょうどいいですね。
これからも飲みすぎには気をつけねば。

遅くなってしまいましたが先週行われた東西の金杯を振り返ってみたいと思います。

中山金杯

この日の中山はステイゴールド産駒が3勝。
上がりの時計もかかっており、スタミナの要求される馬場状態だったと言える。
追い込み馬がかなり活躍していて、キレる足があるというよりもスムーズにスピードに乗れるか。

1着 ツクバアズマオー

4コーナー大外からスムーズに加速して、差し切り。
こういう力のいる馬場の適性は高く、今回のメンバーでは力が抜けていたのだろう。
メンバーレベル、タイムランクともに低く、重賞を勝ったと威張れるようなレースではなかったが、斤量は変わってくると思うのでメンバー強化であっさり惨敗ということもありそう。
陣営もこの馬の適性はわかっていると思うので、変な使い方はしてこないと思うが軽い芝に替わったときは特に注意が必要だろう。

2着 クラリティスカイ

GⅠ馬ということで57.5kgを背負わされたが、外から早めに動く馬がいる中動じず、内でじっくり足を溜める競馬。
キレるタイプではないが、自分のペースで競馬ができればこのくらいは走れる馬。
末脚勝負にならないときの方が狙い目。

3着 シャイニープリンス

本命にしていたものの、あんな競馬ができるとは思っていなかった。
もう少し前に付けてダラダラとなだれ込むようなレースを想像していたが、内をロスなく立ち回って馬群を割ってグイグイ伸びてきた。
典型的な勝ちきれず、人気にならないタイプなので馬券のいい味方になるだろう。

7着 ダノンメジャー

ズバズバ差しの決まっていた中山で途中競りかけられたりとかなり苦しい競馬をして、7着。
今回は完全に度外視と見てよさそうで、人気を落とした次走以降狙い目だろう。

9着 ストロングタイタン

早々にレースからリタイア。
坂のないコース云々あるとは思うが、そもそも過剰人気だったのだろう。
平坦コースに戻ったときはある程度注意が必要だろうが、基本的には疑ってかかったほうが良いタイプだろう。

10着 ドレッドノータス

ハービンジャー産駒だけに疑いの余地はあったが、この日の中山はハービンジャーでも走れる馬場状態。
力負けと言って良さそうで、このメンバー相手にこの結果ではまだこのクラスでは厳しいだろう。

 

京都金杯

今年の京都コースは例年ほどは内有利という感じではなかったが全体的には前、内が有利な馬場状態だった。

1着 エアスピネル

絶好枠を引いたことで確勝級だと判断し本命に。
結果的にはブラックスピネルに迫られてのハナ差勝ちだが、内容的にはこちらの完勝だったと言えるだろう。
いかにも武豊騎手らしい競馬で4コーナーでは外々を回り早めに抜け出す厳しい競馬。
他の上位馬が内ラチ沿いを走っていたことを考えれば、この馬のロスは大きかった。
ブラックスピネルに迫られたからと言って、人気を落とすようなタイプではないので次走狙い目があるかはわからないが、着差以上に強かったというのは頭に入れておきたい。

2着 ブラックスピネル

1番枠からこちらもいかにも福永騎手らしい競馬でロスを最小限に抑えた競馬でエアスピネルを追い詰めた。
かなり恵まれたということもあり次走人気になるようなら疑ってみても面白いだろう。

3着 フィエロ

この馬もロスが少ない競馬で3着。
恵まれてのものだし、そろそろ年齢の壁も出て来そう。

4着 アストラエンブレム

もっと沈むかと思っていたが、後方のインから猛然と追い込んできて4着を確保。
こういう立ち回りが求められる競馬はあまり得意ではないはずで、直線の長いコースでのびのび走れればもっと上位に来れるだろう。

5着 マイネルハニー

もう少し楽に先手を奪えるかと思っていたが、やはりマイルは短かったのだろう。
負けて強しの内容なので、次走以降も注目しておきたい。

6着 ダンツプリウス

もう少し内枠ならと思わせる内容。
今回は枠順に恵まれなかっただけ。

8着 ミッキージョイ

スタートがイメージほどよくない馬なので、先行できない可能性は考慮していたが後方ポツン。
あの馬場状態であんな競馬をした時点で勝てるわけがない。
度外視でいいだろうが、こういう競馬をした馬はリズムが崩れてしまうイメージがある。