遅くなってしまいましたが、フェアリーステークスとシンザン記念の回顧記事です。

フェアリーステークス

例年かなり低レベルになるレースで、今年も低レベルなメンバーでの争いだった。
この日の中山は途中から雨が降り出し、このレースもかなりスタミナとパワーが要求される特殊な馬場に。
基本的に

「このレースを好走→嫌う」「このレースで凡走→人気落ちで狙う」

全体的なとらえ方としてはこれでいいのではないだろうか。

 

1着 ライジングリーズン
新馬戦は馬場の重たい中山競馬で外々を通って1着。
次走のアルテミスステークスは勝ち馬の上がりが33秒台で速い上がりを使えないと勝てないレースだった。
キレ負け→好走の典型的なパターンと言えそうで、今後もこういうパターンは狙えるが馬場が高速化すると危険。

2着 アエロリット

今回一番強い競馬をしたのはこの馬だろう。
キレ勝負でも、こういう馬場でもコンスタントに走れるタイプ。
かなり先行馬が厳しい馬場状態でこの成績なら負けて強し。

3着 モリトシラユキ

内でじっくり足を溜めて、馬群を捌きながら最後まで伸びてきて3着を確保。
ダートで勝ち上がったこの馬が好走していることからもかなりパワーが要求されたのだろう。
時計勝負になるような競馬になると厳しいだろう。

4着 ジャストザマリン

内でじっくり足を溜めて、直線で馬群を捌いて抜け出してきた。
ただ、このコースに適性があったというよりほかがバテテきたところをスッと抜け出してきた印象。
上手く乗れば立ち回り勝負とかに強いタイプか。

5着 アルミューテン

スタートしてからの2の脚が早くスッと先団へ。
距離短縮が良いほうに働いたのだろう。
走っても走っても人気にならないタイプだし、500万では積極的に狙っていきたい馬。

 

シンザン記念

こちらは低レベルなメンバーに加えて、雨が降ってぐしゃぐしゃの馬場状態。
かなり特殊な馬場状態だったので、基本的にあまり参考になるレースではなさそう。

1着 キョウヘイ
最後方からの直線一気で1着。展開、馬場、直線での捌きとすべてがかみ合った。
完全フロックとは考えないほうが良さそうだが、再現性は低そう。

2着 タイセイスターリー
川田騎手からの乗り替わりだが、この馬には武騎手のようなタッチの柔らかい騎手の方が向いていそう。
道中かかる部分もあり、まだまだ幼い部分はあるが今後がたのしみな1頭。

3着 ペルシアンナイト
予想の段階からスムーズに加速したいタイプ。
このレースでは取りこぼしもあると思っていたが、内で進路を探すのに手間取ったが流石はデムーロという騎乗で強引に3着に持ってきた印象。
広いコースに替わるのはプラスになると思うので、東京コースになれば信頼度は増しそう。

4着 トラスト
陣営からの指示で逃げずに番手からの競馬をさせて4着。
流れが向かなかった中でこれは力を示したと言えそう。
条件を選ぶタイプなので、メンバーや馬場状態をしっかり考えて馬券に組み込んでいきたい。

5着 マイスタイル
馬場状態と展開に泣かされた。
次走以降に見直しは可能。

6着 アルアイン
運がなかった。今回は度外視でいいだろう。

7着 ブレイヴバローズ
先行馬に厳しい流れの中踏ん張って7着。
距離短縮なら良さがさらに生きそうで狙い目十分だろう。