こんばんわ!

今日でお正月休みもいよいよ終わり。
今年は年末にインフルエンザでダウンしてしまったので、お正月らしくないお正月になってしまいました(>_<)

その分、ゆっくりすることはできたので万全の体調で金杯を迎えることができそうです。

このブログも順調に更新できていると思っていたのですが、よく考えたら土日の重賞展望もしておかないといけないことに先ほど気づきました!苦笑

今日中に何としてもシンザン記念とフェアリーステークスの展望もしなければ。

 

京都金杯 有力馬考察!

 

マイネルハニーは京都金杯にスライドでしたね 良く調べてからにするべきでした(>_<)
以後、気を付けます!

 

エアスピネル

→昨年のハイレベルなクラシック路線で4,4,3着。はっきり言ってここでは能力が1枚も2枚も抜けている。
クラシックでは、立ち回りの上手さで距離不安を帳消しにしていた感じも受けたが、1600mはこの馬にとってベストなはず。
普通にこのメンバーと戦えば、順当にこの馬が勝つだろう。
ただ、不安要素がないわけではない。
このレースは過去の傾向を見る限り、圧倒的に内枠が有利。
この馬が外枠を引くことも当然リスクになるが、なんとなく怪しいのが鞍上の武豊騎手。
勝つことよりも先を見据えた競馬をするジョッキーで、このレースで無茶をするとは思えないし、内有利の内の突き合い勝負に勝つイメージがあまりない。
包まれるリスクを嫌って外々を回ると、届かない可能性もあるのでは….
大外ぶん回しでもこのメンバーなら勝ちきって欲しいところではあるが。

アストラエンブレム

→良血馬ということでデビュー時からかなり注目を集めていた1頭。それだけに人気になりやすく、馬券的にはあまり妙味のない馬で付き合い方には気を付けていきたいところ。
レースぶりを見ている限り、広いコースでのびのびと走ったほうが良いタイプで内の突きあいになるこのレースは合わなそう。
デムーロ騎手で出遅れたら、その瞬間に終わりという可能性も。
中山金杯の方がよかったような気も…

ガリバルディ

→前走のマイルチャンピオンシップはレースレベルこそ高くなかったものの、前残りの中大外枠からダラダラと外を走らされながら、最速上がりを使って7着。
悩みの種はやはりルメールであるということ。
この馬がどれほど強くても大外をぶん回したらこのレースでは勝てないだろうが、ルメールだけにそんな競馬をするとは思えない。
かなり過剰人気気味にはなると思うので、取捨は間違えないようにしたい。

おもしろ穴馬!

ダイシンサンダー

→net競馬では全く人気がないが、そんなに馬鹿にされるような馬ではないだろう。
錦ステークスでは今回と同じ舞台で1600万を勝ち上がっているし、勝ち方も内でじっくり足を溜めて直線抜け出すという今回してほしいような競馬をしてのもの。
ここ4走は雨にたたられたり、ロスの多い競馬だったりで力を出し切れていない。
今回、内枠を引ければ面白い1頭になりそう。

有力馬にしても、穴馬にしてもこのレースはとにかく内枠。
内枠に入った馬は余程でない限り、バッサリはしないほうがいいだろう。