1年の中でも枠順に受ける影響が非常に大きいレース。
重賞はこのレースだけだが、この傾向は芝のすべてのレースにいえることなので、しっかり他のレースの予想にも反映させていきたい。

京都金杯 予想!

枠順がかなり大切なレース。
今の競馬ファンのレベルはかなり高いのでこういうレースでの内の馬総流しみたいな戦略はなかなか通用しないだろう。

枠順をみた感想ははっきり言ってかなり微妙。
アストラエンブレムとガリバルディは嫌おうと思っていたので、もう少し内枠に入ってオッズを吸って欲しかったし、内に入った馬は後方からレースをする馬が多くなかなか狙いにくい。

そんななか、エアスピネルは絶好と言える6番枠。
枠の並び的にも、敵はいなくなったとみてよさそう。

ここまで条件が揃えば素直に本命は◎エアスピネルでいいだろう。
実力はおそらく抜けて強いと思うので、この馬の並びならばまず圏内だろう。

対抗は〇マイネルハニー
このレースは内枠が有利なのは周知の事実だが、同じぐらい先行馬も有利。
今回外枠に入ったことで、人気を落とすだろうがハナに行ってさえしまえば枠の不利は小さくなる。
強い先行馬も今回はいないのですんなり先行できれば、逆転まで。

ケントオ―
前走は13着と大敗だが、直線狭くなるシーンがあり最後は後方を気にして追えていなかった。
それがなければという感じではなかったが、数字よりは負けていない。
内枠を引いたことで、上手く立ち回れれば食い込みも。

ダイシンサンダー
もう少し内枠を引いてくれれば、対抗ぐらいまで評価しようと思っていたのだが残念な9番枠。
並び的にもあまり恵まれたとは言えないが、全く人気がないのであえて4番手評価。
上手く内に潜り込んで、岩田騎手の好騎乗があればひょっとすると…

ダンツプリウス
この馬ももう少し内に入ってくれれば…
能力的には通用していい。

ブラックムーン
前走内容を見る限り、ここで好走する可能性は高そう。
ある程度の位置から競馬ができれば。

×ブラックスピネル
外枠なら消したい馬だったのだが、この枠に入られてしまっては…

×ピークトラム
シュミノー騎手の内へのこだわりが半端ではない。

◎エアスピネル
〇マイネルハニー
▲ケントオ―
☆ダイシンサンダー
△ダンツプリウス
△ブラックムーン
×ブラックスピネル
×ピークトラム

ここはエアスピネルが勝ち負けになる+アストラエンブレムとガリバルディが飛ぶという読みなので、メインを馬連にして大穴が絡む3連複だけ少し買ってみたいと思います。

馬連

◎→〇
◎→▲☆
◎→△
◎→×

ボーナス

馬単
〇→◎

3連複
◎―〇▲☆―〇▲☆△