マカヒキが負けてしまいましたね。

大物が初戦で破れることが多いと展望の段階から書いていましたが、その通りの結果に。
ダービー馬の扱いというのは今後考えないといけなくなりそうですね。

今週は時間がないので書きませんが、近いうちにコラム的な感じで書いてみたいですね。

京都記念

総評

ミッキーロケットの出遅れでレースがスタート。
ヤマカツライデンが予想通り離して逃げる展開になったが、ガリバルディが突く予想害の展開に。
それにより前が勝手につぶれて、後ろにいた集団の順番通りに決着。

1着 サトノクラウン
前の馬を行かせて3番手をしっかり確保。
勝手に前がつぶれてくれる展開になり、スローのペースで先頭を走っているのと同じようなレースに。
レース前から言われていたことだが、やはり重馬場にはかなり強くデムーロ騎手も手が合っているといえそう。
サンデーが全く入っていない血統なので今後かなり重宝されそうだが、その分キレ負けするようなレースは増えそう。
上がり時計がかかりそうな馬場の時は重馬場でなくても狙ってみたい。

2着 スマートレイヤー
昨年のハイレベルのエリザベス女王で非常にいい競馬をしており注目はしていた1頭だったので、このレースを的中できなかったのは痛恨だった。
いろいろと注文はつきそうなタイプだが、能力自体は高いはず。

3着 マカヒキ
昨年のダービー馬で今年初戦。
こういう実績のある1番人気にとって鬼門のレースなのだが、このくらいのメンバー相手には勝ちきって欲しかった。
近年のダービー馬にありがちな、立ち回りが上手いだけの馬にはならなそうだが今回の敗戦で評価は下げる必要がありそう。
3歳時に海外遠征をするとその後の成長に影響を与えるのかもしれない…

4着 ミッキーロケット
出遅れが全て。
昨年の夏以降本当に力をつけてきた印象で、十分に重賞でも戦っていける。
今回、派手な出遅れをしてそれなりの競馬をしてしまったので次走は過剰人気になるだろう。
また、出遅れる可能性もあるので狙うタイミングは見極めが必要だろう。

5着 アングライフェン
もう少し、展開が向けば…
オープン特別や重賞でも十分勝負になる力を秘めている馬。
パワーやスタミナが要求されるレースならなおさらプラス。

6着 ガリバルディ
この馬によってこのレースが完全に壊されてしまった。
なんであんなめちゃくちゃな競馬をしたのだろうか。
川田騎手なのである程度前に行く可能性は考えていたが、まさかあそこまでヤマカツライデンをつつくとは思ってもいなかった。
溜める競馬をしていればもっと上位に来れていたはずで、度外視と見てよさそう。

7着 ヤマカツライデン
ちょっと競馬ファンに狙われすぎてしまっている印象。
スローで上がり勝負にならないときが一番の狙い目。
傾向がファンにも読まれやすいだけに、今後も上手く付き合っていきたい1頭。