京都牝馬ステークス

総評

タイムランク スロー

昨年から条件が変更されて、京都最終週に1400mで行われるようになった牝馬重賞。
今年の京都競馬場は雨や雪の影響を受けることが多く、最終周ともなると外が有利な馬場状態。
上位陣のほとんどが、外を回ってきたことを考えれば内を回らされた馬を次走以降は狙ってみたい。

1着 レッツゴードンキ
一昨年の桜花賞馬がようやく勝利。
レース映像を見る限りでは、道中で掛かるそぶりを見せる相変わらずの気性の悪さ。
道中しっかり脚を溜めるようになってから、成績が良くなってきているし外差しの決まる今の京都の馬場はベスト条件だったと言えるだろう。
ファンが多い馬なので、人気になることもこれから多いだろうしそこまで信用できるタイプでないだけに付き合い方は難しそう。

2着 ワンスインナムーン
外枠からのスタートで馬場のいいところいいところを走れたのが好走の要因だろう。
アドマイヤムーン産駒ということで重馬場適性もあったのだろう。
東京、新潟と軽い芝になるとキレ負けしそうでその時は軽視したほうが良いだろう。

3着 スナッチマインド
昨年も格上挑戦で4着とこのレースに適性の高さを見せていた。
1400mのレースは非常に得意そうだが、今回は適性と展開が嵌ってのもので昨年同様この後苦戦する可能性も。

4着 エスティタート
後方で直線一気に賭けた騎乗で4着。
展開と馬場状態が完璧に嵌ってのもので、条件が変わるとあっさり負けることもありそう。

5着 ムーンエクスプレス
かなり楽なペースで逃げることができたのが好走に繋がったとは思うが、元々能力は持っている馬。
ペースや馬場状態に注文はつくタイプだが、かみ合えば重賞でも好走することがありそう。

6着 ウインファビラス
枠順は絶好枠を引けたと言えるが、こういう中途半端な競馬をした馬が来れるようなレースではなかった。
決め手に乏しいタイプだが、人気にもなりにくいので恵まれたときは人気薄で馬券圏内ということもありそう。

7着 ナックビーナス
距離が長いこの馬にとって、今の京都の馬場状態は厳しかった。
もっとスタミナが求められない馬場状態になれば1400mでも好走できそうだが、スタミナが問われる馬場状態では1200mがベストといえるだろう。

8着 アットザシーサイド
次走で期待できるのはこの馬だろう。
明らかに内枠が不利な中でこの着順は頑張っている方。
先週の結果分析でも取り上げられてしまったので、次走狙えるようなオッズになるかは疑問だが、今回はとりあえず度外視とみてよさそう。