今年最後の大物牝馬ファンディーナの次走がフラワーカップに決まりましたね。
フラワーカップからの大物は近年出てきていないので、地味な印象がありますが、ダンスインザムードやシーザリオが勝っているレースです。

鞍上も岩田騎手に戻ってくれるようですし、この馬とのコンビで今年のクラシックを大いに盛り上げて欲しいところです!

中山記念

傾向

2013年までのこのレースは小回りのGⅡ戦の一つという感じで、立ち回り勝負や器用な馬が勝ちやすいレースになっていたが、近年はここからドバイに行く馬が増え格段にレベルが上がった印象。
今年は大阪杯もGⅠになったことで、大阪杯狙いの馬も出走もありレベルは高い。
このレースから大阪杯で好走する馬が増えれば、来年以降このレースの重要性は増しそう。

中山の開幕週ということで、どちらかと言えば先行の方が有利。
基本的には素直に強い馬を狙い、穴なら前に行ける馬を選んだほうが良さそう。

有力馬

アンビシャス
昨年このレースでドゥラメンテの2着、大阪杯でキタサンブラックに勝利と今の古馬路線でも実績は上位。
長くいい脚を使えるタイプではなく、スッと動けるのがこの馬の強みで広い東京コースよりも中山コースの方が合っている。
距離短縮もいいほうに働くだろうし、無難に乗れば当然上位の1頭だろう。

リアルスティール
前走のJCは外枠から勝ちにいく強気な競馬をして5着。
昨秋の東京の力のいる馬場よりも、きれいな馬場の方が良さそうなタイプで距離短縮もいいほうに働くはず。
乗り役によって馬が変わって来そうで、戸崎騎手がどのような競馬をするかは注目。

ツクバアズマオー
この馬を3番人気にしてくれるほど今の競馬ファンは甘くない!(ネット競馬予想オッズ6.0倍の3番人気)
今年の中山金杯のレベルはかなり低かったし、ステイゴールド天国というこの馬にとっては絶好の条件だった。
かなり時計のかかる馬場になれば可能性はなくもないが、人気であればあるほど軽視で良さそう。
おそらく、外国人騎手が乗るわけでもなくメディア等に取り上げられるタイプでもないので7番人気くらいになってもなんらおかしくない。

おすすめ穴馬!

ネオリアリズム
デムーロ騎手騎乗ということで、ひょっとしたら3番人気になってしまうかもしれないが、有力馬として書いた馬以外で価値まであるとすればこの馬だろう。
展開利もあったとはいえ、モーリスとレインボーラインを完封した札幌記念と同じようなレースができればこのレースでも十分通用する。
スタートが不安ではあるが…….