ヴィクトリアマイルってできてからもう12年も経つんですね。
ダンスインザムードが勝ったのは結構鮮明に覚えてます。

当時、競馬に嵌り始めた時期で「とにかく血統のいい馬」が好きでした。(ダビスタやウイニングポストのせいです。)
知識もなかったので、超有名な馬しか知りませんでしたが…(笑)

父サンデーサイレンスを見ると懐かしく感じますよね。
初めて競馬場に行ったときに、ひたすらサンデー産駒を買って勝った思い出があります。
当時は未勝利戦なんてほとんど見る機会がなかったので、そういう買い方しかできませんでした。

そんな思い出に浸りながら、ヴィクトリアマイルの過去の結果を見ていたのですが、ヴィクトリアマイルって考えてみれば、当たったことがないかもしれないです。
根っからの穴党だったときに、◎アサヒライジングや◎ホエールキャプチャ、◎ヴィルシーナから馬券を買っていたのにヒモ抜けで当たらなかった苦い思い出が…

今年こそ、穴馬から大きな的中を!

まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポチってください。ペコリ(o_ _)o))


競馬ブログランキングへ

ヴィクトリアマイル

過去の傾向

2017ヴィクトリアマイル

5年の傾向を見ただけでも、かなりの波乱傾向。
基本的には内、先行有利になりがち。

「前に行けるスピードがある」、「内枠」これだけでも抑えには加えておいたほうが良いだろう。




有力馬考察

ミッキークイーン

秋華賞を勝利してから、牡馬相手にもいい競馬をしていながら、なかなか勝ちきれなかったが前走の阪神牝馬ステークスで久しぶりの勝利。
前走は強い馬が順当に勝つレースになったと考えてよさそうで、この馬の力は疑わなくても良さそう。
ただ、立ち回りが求められて先行有利になることが多いヴィクトリアマイルで軸にはしにくい。
余程、外差しが決まる馬場にでもならない限り2~3着がオッズ的にも狙い目なのではないだろうか。

スマートレイアー

昨年のこのレースで本命を打った馬。
先行有利なレースで武豊騎手がしっかり先行してくれたので、道中ではもらったと思っていたが結果は4着。
先行すればもう一息で、後方からでは展開に泣くタイプで今回もある程度先行してくるとは思うが、ワンパンチ足りない結果になりそう。

レッツゴードンキ

桜花賞を制して以来なかなか勝てず、ダートを試したり短距離を試したりして前走は高松宮記念で2着。復調気配が見えてきた。
ただ、ここのところ後方からの追い込みが板についてきておりここ3戦は展開や枠順に恵まれたと言って良さそう。
人気をすればするほど買いたくない馬。

アドマイヤリード

前走は大外枠から最内を突く競馬。
条件戦を勝ち上がるのにもたついたように映るが、すべては展開に泣かされただけ。
この世代の桜花賞5着はやはり力がないと来れないレースだったはずで、今回のメンバーくらいなら通用してもおかしくないが、この脚質は厳しそう。

ルージュバック

基本的に人気先行なのであまり重い印を打たない馬なのだが、そろそろ人気も落ちるのでは?
マンハッタンカフェ産駒らしく、とにかく気分を害せず競馬ができるかが勝負の鍵。
外枠を引いて、外をダラダラ走る覚悟を決めて競馬ができれば。

クイーンズリング

この馬+デムーロもまた読みにくい組み合わせ。
前走はよくわからない暴走だととらえてよさそう。
この馬も気分よく走れるかが重要になりそうで、デムーロの乗り方次第。
この舞台なら少し暴走しても流れ込めてしまう気がするが…
オッズは6番人気になっているが、おそらく単勝系はもっと売れるだろう。

パッと上位人気馬になりそうな馬たちを見てきたが、どの馬も不安要素があり勝ちきるイメージのある馬がなかなかいない。
波乱傾向が強いレースだし、穴馬から振り回すことも考えておきたい。

オススメ穴馬!

ジュールポレール

前走は、ミッキークイーンとアドマイヤリードに先着を許してしまったがコース取りや位置取りを考えれば悪くない負け方。
ある程度位置を取れて、32秒台の末脚を使えるこの馬にとって高速の東京は絶好の舞台。
枠順次第では本命まで考えている1頭。