昨日はブログの更新とメルマガの配信をおやすみしてしまい申し訳ありませんでした。

いいことではなかったので、詳細は省かせていただきますが、今週は更新頻度が落ちると思います。申し訳ありません。

ラジオNIKKI賞 予想

過去の傾向から枠順がかなり重要になるレース。
そんななかで、人気になりそうなクリアザトラックとセダブリランテスが共に大外。

どちらも先行したいタイプだけにこの大外枠はプラスには働かないはず。

土曜競馬を見ている限り、ハイペースでもなかなか前が止まらない。

本命は◎競馬ブログランキングへ

今年はダービーがかなりイマイチな結果で終わり、牡馬のレベルの低さが囁かれているが、牝馬の方はかなりレベルが高い。
この馬の前走桜花賞は馬場が悪い中、ダラダラと内を走らされて直線も内。
レース映像を見ればわかるが、内を走った馬はほぼ壊滅的な状況で内から伸びてきたのはこの馬だけ。
距離延長で、福島開幕週ということで他の馬が引っ張ってくれればこの馬向きの展開になるだろう。

〇ニシノアップルパイ

このレースは、圧倒的に内枠先行馬が有利なレースで例年の傾向通りに行けばこの馬が好走しそう。
葉牡丹賞、セントポーリア賞は先行して負けてしまっているが、この二つはかなりレベルの高いレース。
前走のプリンシパルステークスはハイペースで最後に失速して負けてしまったが、内容を考えれば垂れて当然の内容で、今回の福島替わり+距離短縮は良いほうに働きそう。
かなり売れてしまっているのが気になるが…

▲マイネルスフェーン

内枠を引いて思ったより人気がないこの馬も絶好の狙い目に見える。
ホープフルステークスでシュミノー騎手が華麗なイン突きでレイデオロの2着。
能力自体は高いはずだが、その後はとにかくちぐはぐな競馬。
京成杯は最内から大外に持ち出すまでのロスが大きすぎて3着。
青葉賞はハイペースを先行策で失速し、ダービーではスローで後方にはチャンスがない1戦だった。
小回りに変わるのは問題なさそうだし、能力自体は上位なはず。
柴田大知騎手は買うと位置取り負け、展開負けする印象が強いのが不安だが…

☆ロードリベラル

7か月休み明けの前走は全くいいところがなかったが、きんもくせい特別の内容は非常に優秀。
得意な舞台に変わり、状態が上がって来れば内枠を生かした好走があっても。

△ビービーガウディ
先行して、上がりも使える器用なタイプで安定感がある。
相手なりのタイプなので紐には入れておきたい。

△セダブリランテス
展望の段階では上位評価しようと考えていた1頭だが、ここまで人気になってしまって外枠では重い印は打てない。

△サトノクロニクル
能力だけを考えれば最上位だが、条件は向いているとは思えない。
もっと人気になると思っていたがそれほど人気を被っていないので、そこまで嫌う必要もなさそう。

△クリアザトラック

乗り替わり+大外枠は明らかにマイナス。

競馬ブログランキングへ
〇ニシノアップル
▲マイネルスフェーン
☆ロードリベラル
△ビービーガウディ
△セダブリランテス
△サトノクロニクル
△クリアザトラック

買い方はこちらの無料メルマガで配信しています!

メルマガ登録はこちらから