福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(GⅢ)の展望です!

ラジオNIKKEI賞は開幕週の福島で行われる芝の1800m戦。
主な出走馬は、サトノクロニクル、クリアザトラック、ライジングリーズン、マイネルスフェーン、セダブリランテスなど。

過去のレース傾向

ラジオNIKKEI賞

プリンシパルステークスやNHKマイルカップなどを使ってきた馬が好走しているレースで、ギリギリダービー出られなかった馬たちのレースになることが多い。

パッと見でわかるように、明らかに内枠が好走しているレースで、開幕週で小回りの福島なら当然か。
ここまで、内が有利だと能力云々よりも立ち回りが大切なレースなる。
スッと動ける瞬発力のある馬を探し出して、良い枠順に入った馬を狙うというスタンスで良さそう。

有力馬考察

サトノクロニクル

宝塚記念の記事で、危険な人気馬ということで紹介した馬。
頭が高く、追い出されてからの反応が悪い。
小回りコースもマイナスになりそう。
能力的は強いが、人気で軸にするような馬ではないだろう。

クリアザトラック

500万条件をタイムランクBで勝ち上がったが、毎日杯では6着。
レースぶりを見ているとかかる癖があり、1800mへの延長はマイナス。
揉まれる競馬もほとんど経験しておらず、立ち回り勝負には疑問が残る。

ライジングリーズン

例年、フェアリーステークス組は活躍馬がなかなか出てこないレース。
ただ、今年は2着のアエロリットがNHKマイルカップを制覇し、この馬も次走のアネモネステークスを1頭だけ違う脚色で後方から一気に差し切り勝ち。
桜花賞は稍重の馬場状態の中、内枠からのスタートで馬場の悪いところとダラダラと走らされて、直線も進路が狭くなるシーンがありながらもそれなりには伸びてきた。
内枠でじっくり脚を溜めることができれば、チャンスはあるかも。

マイネルスフェーン

ホープフルステークスではシュミノー騎手のイン突きが決まり、レイデオロの2着。
京成杯では内枠から大外に持ち出すロスの多い競馬をしての3着。
前が壊滅した青葉賞で先行し、ドスローになったダービーでは後方からと全く展開に恵まれていないので度外視することはできる。
暮れの中山開催はステイゴールド産駒の天下のような馬場状態だったし、この馬自身開幕週の馬場は合わなそう。
柴田大知騎手は穴馬を持ってくる騎手ではあるのだが、どうも相性が悪くポジション取りの時点で負けてしまっている競馬が多い。
雨でも降って馬場が渋れば評価を上げたい。

このレースで狙ってみたい馬たちはこちら↓

競馬ブログランキングへ

人気上位に推されそうな馬にこのレースで積極的に買いたい馬はいない。
馬場状態次第だが、通常の開幕週の馬場になればこういう狙い方をすればいいはず。