フラワーカップ

今年はファンディーナが出走してくることで、例年より注目度は高めだろう。
かなり被った人気になりそうで、相手や馬券の組み方が大切なレースになりそう。

過去5年の傾向

中山1800mで行われるGⅢ。
かなりペースが遅くなりやすいレースで、ここ2年は逃げ切りが決まっている。
上がり3ハロンの上位馬が馬券に絡めていないこともあり、先行有利。

ラップタイム

2016年 良

12.7 – 11.9 – 12.2 – 12.5 – 12.2 – 12.2 – 11.9 – 11.3 – 12.4

1000m通過 61.5

2015年 良

12.6 – 11.6 – 12.3 – 12.9 – 12.3 – 12.3 – 12.0 – 11.4 – 12.0

1000m通過 61.7

2014年 良

13.0 – 11.8 – 12.3 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 12.5 – 11.9 – 12.6

1000m通過 62.1

2013年 良

12.6 – 11.3 – 12.7 – 12.9 – 12.5 – 12.5 – 12.2 – 11.5 – 11.8

1000m通過 62.0

2012年 重

12.5 – 12.1 – 12.8 – 13.0 – 12.9 – 12.5 – 12.3 – 12.3 – 12.9

1000m通過  63.3

ラップタイムを見ても、重馬場だった2012年を除いてもかなり遅い。
すんなり、ポジションが決まってしまってそのままになるパターンが多い。

血統

あまりディープ産駒が走る舞台ではなく、今の中山の馬場状態からも少し重めの血統の方が良さそう。

有力馬考察

ファンディーナ

未勝利戦、前走と圧巻の内容。
実力だけで言えば、レベルの高そうな今年の牝馬路線でも十分主役を張れる馬。
不安事項はこのレースが、位置取り>能力なレースになることが多いこと。
ある程度ポジションを取って競馬が出来るタイプ馬なので余程のことがない限り好走して来るだろう。

ディーパワンサ

この馬は危険そう。
前走は確かにレベルの高い阪神JFだが、内枠で展開に恵まれた部分が大きかった。
中山の立ち回り勝負に強いとは思えず、今回はかなり評価を下げる予定。

ハナレイムーン

前走のクイーンカップはアドマイヤミヤビの勝ったレベルの高いレースだが、後方からの競馬で結果的には位置取り負けといった内容。
ただ、この馬はどこまでいっても過剰人気確実な馬で馬券の味方になる馬ではない。
前走も、驚くような脚を使えたわけではなく後方一気が通用しないこのレースでは疑いたいところだが、相手が弱く能力は上位。

おすすめ穴馬!

ブライトムーン

ネット競馬さんの予想オッズでは全く人気がないが、そこまで馬鹿にされるような馬ではないのではないだろうか。
新馬戦ははっきり言って絶望的なポジションから追い込んできて5着。
次走はしっかりゲートを出て、最後までしっかり伸びて未勝利を勝ち上がった。
ゲートの不安はあるが、未勝利戦は捲るような馬もいる特殊なレースになったが動じなかった。
立ち回りが求められるこのレースにはあっているのではないだろうか。