サウンドトゥルーは柴田善臣騎手、カフジテイクは津村騎手になりましたね。
最近の競馬はとにかく騎手人気が顕著。
なかなか回って来ないチャンスだと思うので、2人の騎手には頑張って欲しいものです。

フェブラリーステークス

傾向


昨年は重馬場のため参考外としても良さそうだが、基本的に東京ダート1600m戦は外枠が有利。
根岸ステークスはダートレースの中でもかなり差しの決まりやすいレースだったが、このレースはどちらかといえば、先行馬の活躍が目立つ。
穴馬なら先行馬を狙ったほうがいいだろう。

有力馬考察

カフジテイク

前走の根岸ステークスは後方でじっくり脚を溜めて、外に持ち出し上がり34.5の強烈な末脚を披露して差し切り。
条件戦時代からしっかり道中脚を溜めれば切れる脚を使えるタイプで、流れが向けば好走できるタイプ。
福永騎手からの乗り替わりがどのくらい人気に影響するかはわからないが、根岸ステークスで派手な競馬をした分人気になるだろう。
単勝は外国人騎手がかなり吸う傾向がある上に、脚質的にも3着以内という馬券の方が売れそう。

前走の根岸ステークスはダート重賞の中でも差しの決まりやすいレース。
実際に、ベストウォーリア以外は後方から追い込んできた馬がほとんど。
フェブラリーステークスもペース次第では差しが決まることもあるが、
狙いどころは完全に過ぎてしまった感じで、津村騎手には頑張って欲しいところだが馬券的には狙いづらい。

ゴールドドリーム

レベルの高い4歳世代で、ハイレベルなユニコーンステークスを制覇。
この世代のトップクラスの実力を持っているのは明らかで、グレンツェントの活躍などから古馬との戦いでも通用するだろう。
前走は道中で掛かるそぶりがあった上に、先行馬には厳しいレース。
直線でも残り200mまではキレ負けという印象で、垂れてしまったのはそこから。
武蔵野ステークスくらい走れれば、十分通用しそう。

ベストウォーリア

前走の根岸ステークスは先行馬で唯一残ったのがこの馬。
パンチが足りない馬で、勝ちきれないレースが続いている。
前走の根岸ステークスはベスト条件のレースだったと言えそうで、200mの延長がどう出るかだが1600mまでなら通用しそうで人気を落とせば面白いのだが…

モーニン
かなり乗り難しい馬。
被されるのがまずダメ。エンジンのかかりも悪そうで伸びるまでに時間がかかる。
当たりの強いムーア騎手に替わるのはプラスに働きそうだが、それ以上に過剰人気になってしまうのが難点。
昨年のフェブラリーステークスの競馬が理想的で同じような競馬ができれば。

ノンコノユメ
とにかくズブい。
いい成績で走っているころから、4コーナーあたりで今回はこないのでは?と思わせるような手ごたえで最後の最後に伸びてくる。
去勢手術後は良い競馬ができておらず、そろそろ復活をと人気を被りそうだが基本的にはあまり信用できないタイプ。

サウンドトゥルー
騎手がなかなか決まらなかったが、直前で善臣先生に決定!
この乗り替わりだが、嫌われてくれるなら大歓迎。
どうせ後方から大外をぶん回す競馬しかない馬なので、乗り方に悩む必要はないし、焦らずじっくり乗るタイプの騎手なので合っていそうな感じも。
ノンコノユメよりは断然こちらだろう。

おすすめ穴馬!

アスカノロマン

チャンピオンズカップは先行して粘り強い競馬をして3着。
ムラがあるタイプの馬で、穴党の強い味方というイメージ。
前走の敗北もレベルが低かったことで敗れたとも考えられるが、それにしても負けすぎ。
みやこステークスも不可解な敗北をして、次走で激走ということもあり人気がない時は常に抑えておきたい1頭。

エイシンバッケン
前走の根岸ステークスは進路が見つからず、まともに追えたのは100mくらいなもの。
今回が初めての1600m戦になるが、追走が楽になりもう少しポジションが取れれば面白い1頭になりそう。