ブレスジャーニ―はやっぱり弥生賞は回避みたいですね。
弥生賞の楽しみが減ってしまったような気がします(>_<)

無事にいい状態で皐月賞を迎えられるのを祈るのみですね。

チューリップ賞

過去5年の傾向

桜花賞の前哨戦と言えば、このレース。
弥生賞より前哨戦の重要度としては高い。

昨年はチューリップ賞の1,2着が本番の桜花賞でもワンツー。
桜花賞でチューリップ賞組が絡まないことはほとんどなく、今年も桜花賞を狙えるメンバーが揃った。

桜花賞と同じ条件だし、実力が問われやすい阪神コースというのも影響しているのだろう。
前哨戦ということもあり、ペースが緩く流れがちでのちに短距離で活躍する馬の好走も目立つ。

 

有力馬考察!

ソウルスターリング

3連勝で阪神JFを勝利。
リスグラシューもペルシアンナイトとこの世代の上位陣にあっさり先着。
このメンバーでの能力上位は明らかで、相手は正直リスグラシューくらいしかいないだろう。
フランケル産駒がまだ少ないので、成長力があるかは未知数。
あっさりディープ産駒に負けることもあるかも。

リスグラシュー

阪神JFは大外枠からのスタートで、出遅れ。
ソウルスターリングに敗れたものの、内容的にはこちらのほうが上だろう。
前哨戦であるということ、まだ馬場がきれいな状態であることを考えれば、賞金を持っていて無敗でもないこの馬で武豊騎手ならおそらく後方から無難に外を回す競馬を選択しそう。
個人的には、ここでソウルスターリングにもう一度負けてもらってハイペースになることが多い桜花賞で人気を落とし好走というパターンを期待したいところ。

ミリッサ

新馬戦では後方から一捲りで一気に先頭に立ちそのまま押し切り。
エルフィンステークスでは内に包まれる形になり、かなりかかったそぶりを見せていた。
結果的には行った行ったの3着だったが、ほとんど本来の力を出せていない。
血統が血統なので、かなり人気先行タイプだが突き抜けてもおかしくないポテンシャルは持っているかも。
優等生タイプの福永騎手と合うかは微妙。

おすすめ穴馬!

ミスパンテール

1戦1勝馬だが、新馬戦は札幌の1500m戦。
鬼門ともいえる外枠でユアスイスイ相手に0.2差をつけて勝利。
桜花賞に出るには、このレースで3着以内に入らなければほぼ不可能なので、陣営も気合を入れてきそう。
7か月の休み明けがいいほうに働けば。

 

このレースは前哨戦とはいえ流石に上位2頭が強い。
馬券の組み方が勝負を分けそう。