2017チューリップ賞の予想

桜花賞への最重要ステップレース。
今年は、アドマイヤミヤビやファンディーナといった有力馬が別路線にいるが、このレースの勝ち馬が桜花賞の最有力候補になるだろう。

ここは2強が抜けて強いと思うが、馬券的な妙味はそれでは一切ない。

本命は◎リスグラシューにしてみたい。
この馬の強さは改めてここで書くことではないが、アルテミスステークスと阪神JFを見れば能力が高いのは明らか。
前走は大外枠から出遅れて終始外々を回らされる苦しい競馬。
今回は武豊騎手ということで4コーナーでは安全に外を回る競馬を選択しそうだが、ソウルスターリングが外枠に入ってくれたことと、頭数が少ないことで阪神JFより2頭に距離ロスの差は生まれないだろう。
ロスが少なくなれば逆転可能。

対抗〇はミスパンテールにしてみたい。
まだ新馬戦を勝っただけの1勝馬で7か月の休み明けという馬だが、新馬戦の内容はなかなか。
道中はまだフワフワしており、幼い面を見せていたが札幌で4コーナーで大外を回しあっさり差し切り勝ち。
ゴール後でもまだまだ伸びそうな勢いで距離延長や直線の長い阪神は向いていそう。
ここで3着に入らないと権利を取れないし、陣営のやる気も高そう。
7か月の休み明けで馬が成長していれば面白い1頭になるのではないだろうか。

ソウルスターリング
2強で飛びそうなのはこちらではないだろうか。
藤沢厩舎がこのレースでしっかり仕上げてくるとは思えず、フランケル産駒も期待が大きく取り上げられているが、未知数な部分が多い。
とはいっても、能力上位は明らかなので普通に走って来れば馬券には絡みそう。

ミリッサ
2強以外で頭がありそうなのはこの馬だろう。
前走は完全な前残り競馬の中、後方からレースをして3着。
未知数な部分は多いが、能力自体は高そう。

カワキタエンカ
エントリーチケット

買い方

ここはどの馬券も2強から売れるのが確実。
あくまで前哨戦ということで2頭軸で買うのは怖い部分もあるので本線はワイド。

◎―〇 ワイド

◎―〇△ 馬連

3連単(ボーナス)

◎→〇▲→〇▲☆△

このレースは馬券で勝負というよりも、2頭の走りを見るレースだととらえたほうが良いかもしれない。
リスグラシューの単勝がおいしい配当になりそうなら単勝勝負でもいいかも。