今週はダイヤモンドステークスが行われますね。

競馬を好きになって初めて指定席に入れてもらい、競馬観戦したのがダイヤモンドステークスでした。

レース内容はおろか、勝ち馬すら覚えていないのですが、観戦したのは2003年のダイヤモンドステークス。
実は、この年は東京ではなく中山でダイヤモンドステークスが行われているんですよね。
連れて行ってもらったのが中山競馬場なのは鮮明に覚えているので、この年のレースで間違いない。

今にしてみれば、かなり貴重なレースを見たのにそれをほとんど覚えていないとはもったいないことをしました(>_<)

2003年のダイヤモンドステークスはイングランディーレの逃げ切り。
このレースをしっかり覚えていれば、天皇賞の馬券もとれたかもしれないのに…

ステイヤーズステークスと似た条件になってしまいますが、中山競馬場でのダイヤモンドステークスをまた見たいものです!

ダイヤモンドステークス

特殊な距離で行われる重賞にしては、堅く収まりがちな傾向。
上位人気馬がある程度好走して、1頭穴馬が絡むくらいの結果になることが多い。

素直に強くて適性のある馬を狙えばいいレース。

有力馬

アルバート

断然人気が確実。長い距離では実績があるし、昨年の有馬記念も前残りのなか最後方からの競馬で内容は悪くなかった。
ハンデ戦とはいえここでは抜けた存在だと思っていいだろう。

カフジプリンス

とにかくズぶい馬で、乗り難しい馬。
距離適性がありそうということで、今回も人気になりそうだがいまの東京の馬場が合うとは思えない。
昨年から使い詰めだし、川田騎手とも合うとは思えないのだが…

フェイムゲーム

このレースで2勝2着1回と抜群な成績。
東京の3400mという特殊な条件だけにこの条件が得意というのはプラス材料。
近走成績が悪すぎる上に、この馬=フェイムゲームというイメージでかなり売れてしまうだろう。
妙味は全く感じない。

おすすめ穴馬

ラブラドライト

穴馬になるかはわからないし、あまり推奨したい感じでもないがこのメンバーで推奨できそうなのはこの馬くらい。
前走は逃げれば面白いかもと思っていたが、逃げずに後方から。
最後の最後までしっかりと脚を使い、勝ち馬と差を詰めながらゴール。
長距離適性はありそうで距離延長は大丈夫そう。

5番人気くらいまでで堅く収まりそうな感じがするので、勝負レースにはしない予定。