サンスポ賞フローラステークス

過去5年の傾向

血統

牝馬のこの時期の重賞ながら東京2000mが舞台の重賞。
ここからオークスに行く馬は、距離が向いているということで人気を被りがちになります。

この時期の開幕週の東京競馬場なので、基本的にはスローの立ち回り勝負になりがちです。
内枠の方が圧倒的に成績がいいこともあり、人気薄を狙うなら内枠を狙ったほうがよさそう。




有力馬考察

フローレスマジック

アルテミスステークスは昨年行われた牝馬2歳重賞では一番強いと思い、クイーンカップでも期待していたが、直線ではイマイチ伸びきれず3着。
負けたアエロリットも桜花賞で前々から競馬をしていれば、馬券圏内どころか勝っていてもおかしくないような内容だったので、悲観することはなさそうだが印象的にはぱっとしないレースだった。
臨戦過程も全く実績のないクイーンCから。
距離延長も不安があるし、2強ならこちらを嫌いたいところ。

ホウオウパフォーム

前走は4コーナーではシンガリまでポジションを下げて、そこから楽な手ごたえで大外一気の差し切り。
派手なレースをしたことと、脚質的な不安はあるがこのメンバーでも能力は上位。
乗れている田辺騎手というのも大きくプラスに働きそう。
オッズ次第ではあるが、2~3着固定なんかも面白いかもしれない。

アドマイヤローザ

ネット競馬さんの予想オッズでは3番人気想定になっているが、本当に3番人気になってくれるのだろうか?
前に行けるのは強みだと思うが、前走は前残りの流れの中2番手追走でそのまま2着。
距離延長もあまりいいとは思えず、余程上手く立ち回らないと厳しいのでは?

おすすめ穴馬!

馬名はこちら→[最強]競馬ブログランキングへ

未勝利勝ちの身分でそこまで人気にならなそうだが、前走の未勝利戦は内でじっくり脚を溜めて勝負所でスッと抜け出し最後は流す余裕までもってゴールイン。
前々走も最内枠からの競馬で、出してポジションを取りにいったが勝負所で捌くのに手間取りポジションを下げてしまった。
未知な部分は多いが、馬券内に食い込んできてもおかしくない1頭だろう。