開幕週の札幌開催である程度の内、先行有利を想定していたが例年よりもその傾向が強そう。
1500m戦でレコードも出ていますし、時計も早いだろう。

ここまで条件が揃ったら本命は◎アエロリットでいいはず。
NHKマイルカップは外枠からポンと出て圧勝したが、そもそもこの馬は今年の3歳牝馬の中でも上位だったはず。
今回は距離延長で嫌われている感じもあるが、今回に限っては大丈夫なのではないだろうか。
メンバーを見渡す限り、スローにはなりそうもないメンバーで時計の出やすい馬場、そして内枠。
横山騎手ならポジションを取らないことはあっても、折り合いに関しては問題なく乗ってくれそう。
状態面は多少不安だが、この馬で52kgは反則だろう。
横山騎手がポツンしなければいいが…

〇クインズミラーグロ
走っても走っても人気にならない馬。
前走はもっとポジションを取ってくれるかと思っていたが、マキシマムドパリより後ろからの競馬になり2着。
今回は、内枠を引くことができたし早い先行馬を前に行かせていい位置で競馬ができれば。

▲アドマイヤリード
この馬も必要以上に嫌う必要はないだろう。
重馬場しか走らないタイプではないし、馬群を捌くこともできるタイプではあるが脚質的に信頼はしにくい。
今の馬場状態では後方一気は厳しいのでは?

☆パールコード
外枠を引いてしまったが、立ち回り勝負になれば面白い1頭。

◎アエロリット
〇クインズミラーグロ
▲アドマイヤリード
☆パールコード
△ヤマカツグレース
△マキシマムドパリ
△トーセンビクトリー
△クロコスミア

3連複

◎-〇▲―〇▲☆△

3連単

◎→〇▲☆⇔〇▲☆△