桜花賞は見事にハズレてしまいました…

飛びそうもないソウルスターリングより、1発がありそうなアドマイヤミヤビを本命にしていたので、アドマイヤミヤビが惨敗することも考えていましたが、レーヌミノルがあんなにいい競馬をするとは…
今回の出走馬では、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、リスグラシュー、アエロリット、カラクレナイに完敗していたので頭まで突き抜けるとは思ってもいませんでした(>_<)

今週は皐月賞がありますが、とにかく天気が良くなって欲しい!
今年のGⅠは馬場読みが難しいレースばかりなので、この辺で読みやすい馬場状態になって欲しいところ。


競馬ブログランキングへ
まだ、ランキング登録は時期尚早かと思ったのですが、最近始まったばかりのようなので登録してみました。
もし、よろしければポッチってください。ペコリ(o_ _)o))

アンタレスステークス

阪神の1800mで行われるダート戦。

過去の傾向

血統

阪神の1800mで行われるダート戦ということもあり、基本的には堅く収まる傾向が強いレース。
ある程度ポジションを取れる馬の方がいい。

有力馬考察

グレンツェント

東海ステークスを勝ったあと、フェブラリーステークスを使わず休養を挟んでこの舞台へ。
今回は横山騎手ではなく、ルメール騎手になるということで人気は必至。
唯一、連対を外してしまったユニコーンステークスはベリー騎手の騎乗ミスと言っていい内容で非常に堅実。
ここ2走は弱い相手にタイムランクEで勝利とややもの足りない感じに映るが、同じ世代のゴールドドリームがフェブラリーステークスを制覇したこともあり、この世代はダート馬も強い。
休み明けや、ローテーションが気になるところではあるが大崩れはないだろう。

ミツバ

非常に読みにくいのがこの馬。
メンバーレベルの高かった、シリウスステークスは後方から競馬をして良い上がりを使ったものの、展開に恵まれず4着。
次走も展開次第かと思われたが、まさかの大逃げで圧勝。
その後は脚質に幅も出て、ある程度のポジションを取れるようになった。
前走は横山騎手の奇襲ともいえる競馬で、結果的に逃げ馬だけを楽にさせて自分は失速というかなり中途半端なレースをしてしまった。
今回もまた横山騎手ということで、どんな作戦でくるのか次第でこの馬だけではなく他の馬にも大きな影響を与える。

アスカノロマン

この馬が本当に3番人気になるのだろうか?
前走は1番人気予想も最終的には4番人気。
今回は58kgから57kgになる上に、前走もそこそこ好走したので多少人気にはなるだろう。
チャンピオンズカップくらいの走りができれば、当然上位のはずだが…




おすすめ穴馬!

ロンドンタウン

前走のマーチステークスでは、スタート後にかかってしまい外目の4~5番手を追走する形に。
最後の直線では、入り口でおかれてしまい差を広げられてしまったが、最後の最後までしっかり脚を使えている。
スピードの求められる重馬場より力のいる馬場の方が向いていそうで、当日の馬場状態次第では十分狙う価値のある1頭だろう。