今週は期待できそうな馬がデビューしましたね。

ファンディーナ

この馬が強いというのはどこでも言われていることですが、個人的に注目したいのは岩田騎手がデビュー戦に乗ったという点。
まだ、本調子ではない岩田騎手ですがこの馬と共に駆け上がって行って欲しい!!
頼むから、外国人騎手に乗り替わりなんてことにならないで欲しい…

アメリカジョッキークラブカップ 回顧

総評

タイムランク C

ペースラップ

12.6-10.8-12.4-11.9-11.9-12.3-11.8-11.9-12.2-11.8-12.3

クリールカイザーが大外枠からや強気にハナ。
ラップタイムを見てみても、波のない息の入らないラップ。
こういうラップを刻むレースになれば、恵まれた馬が勝つようなレースにはならず素直にこの条件で強い馬が好走できるレースとなった。

1着 タンタアレグリア △
ここでイン突きをしますか…(泣)
この馬を3番手評価にしなかったのは完全にミス。
ダービーから狙っていた馬なのだが、ダービー、菊花賞、天皇賞は完全に位置取り負け+大外ぶん回しで負けていただけ。
特殊な中山2200mのコースだっただけにセントライト記念での負けが考慮されての人気だったのだろうが、そのレースも見返してみれば内枠とキタサンブラックが好走したレースで大外ぶん回しと度外視できる内容だった。
力があるのは菊花賞、天皇賞で証明済みだったのでこの人気なら素直に買っておかなければいけない馬。
今回のレースで次走以降はここまで人気を落とすことはないだろう。
個人的に相性の悪い蛯名騎手だけにこの馬との付き合い方は難しくなりそうだが、今回のイン突きはたまたまで立ち回り勝負になるとロスの多い競馬をしてあっさり負けることもありそう。

2着 ゼーヴィント △
個人的なこの馬の評価は改めないといけない。
中団の一番ストレスのかからないところからレースをして、4コーナーからスムーズに加速。
一瞬先頭に立つような場面もあったが、内から出し抜けを食らう形で2着。
とにかく、相手なりに競馬ができるが勝ちきれないタイプの典型になりそうで今後も2~3着が多い戦績になりそう。
広い東京コースとかよりは小回りの方が信頼度は高そう。

3着 ミライヘノツバサ ◎
最内枠からすっと先行して最内の3番手という絶好の位置を確保できたが、先行馬にはかなり厳しい流れになってしまった。
4コーナーではあっさり飲み込まれるかと思ったが、粘りに粘って3着。
よどみのない流れだったからこそ、後続に脚を使わせてスタミナ勝負になったのは良かったのだろう。
内容的には非常に良く次走以降も期待といきたいところだが、中山以外では成績を出せていないので、中山専用機という可能性も。

4着 ルミナスウォリアー ▲
オープン特別で勝てなった馬なのに、適性を買われて5番人気(複勝4番人気)。
後方3番手から大外をぶん回す非常にロスの多い競馬。
それでもゼーヴィントに並びかけるような場面を作り力は示したと言えそう。
もっとロスの少ない競馬ができていれば、3着には普通に来れていたはず。
立ち回り勝負にならないようなら、重賞でも好走できる力はありそう。

5着 ワンアンドオンリー …
もうこの馬はとにかく過剰人気なので、はっきり言って馬券的には買う妙味ゼロ。
今回は「特殊なコース」「全く緩まない流れ」「中山の重たい馬場」「田辺騎手の好騎乗」といろいろな要素が詰まっての5着と考えてよさそう。
次走以降も嫌って妙味だろう。

6着 ナスノセイカン △
勝負所の4コーナーでシングウィズジョイと接触してしまいブレーキ。前を行く集団とは離されてしまった。
その後立て直し、前とは差を広げられているわけではないので、スムーズならばもっと上の着順に来れていたはず。
地味なタイプなので、紐には入れておきたいタイプ。

8着 ショウナンバッハ 〇
前走で先行する競馬をして惨敗したので、今回はじっくりと後方からの競馬を選択してくれるかと思っていたが思っていたよりも前からの競馬。
このレースがベスト条件と言える馬なので、次以降溜める競馬をしても狙いどころが難しい。
先行策では完全に力負けと言っていい内容なので、しっかりと末を生かせる騎手に乗り替わった時がチャンスか。

10着 クラリティスカイ …
前走はやはり田辺騎手の好騎乗が嵌っただけだった。
乗り難しいタイプなのに、立ち回り勝負でないと厳しい馬でかなり乗り役を選ぶ馬。

13着 リアファル △
有馬記念と同じような失速。
これがこの馬の実力とは思えず、なにもなければいいが…