アハルテケステークス 予想!

勝負度:低め

黄金の馬という愛称を持つ、馬の品種「アハルテケ」の名前を冠したレース。
こんな時期に行われる、ダートのハンデオープン競争ということもありレベルが低くなりがちなこのレースだが、今年はゴールデンバローズやアルタイルなどのメンバーが出てきてそれなりのレベルに。

展開の鍵を握るのは、ラインシュナイダーとドリームキラリがどのくらいレースを引っ張るのか。

ラインシュナイダーはスタートしてから2の脚がそれほど早いわけではなく、じわじわとポジションを上げていくタイプ。
前走こそ外枠でスタートが決まったので、スムーズに先行できたが今回の内枠はマイナス。
ドリームキラリは逃げ以外に持ち味を出す手段はなく、このメンバーならほぼ間違いなく逃げるはず。

ドリームキラリが出てくるレースは激流必死なのだが、このメンバーでは流石にそこまではならないはずで、どの馬にもチャンスがある展開になりそう。

かなり悩んだが、本命は 競馬ブログランキングへ

ここ2戦はハイペースのバテ比べみたいなレースを後方から差し切り勝ち。
やや後追い感もあるが、前走くらい走れれば好走できるはず。
もう少し、先行馬が揃えば自信を持って本命に出来たのだが、ペースが落ち着いてしまうと田中勝春騎手ということもあり捌けず終了ということも。

対抗〇ドリームキラリ

このメンバーでちゃんと逃げてくれれば逃げきれてもおかしくない。
ここ最近の凡走はそもそも逃げられてすらなく、全くの度外視でいい。
武蔵野Sやポルックスステークスの内容を見る限り、ハナなら十分通用する。
ただ、すでに競馬ファンにばれてしまっている感じが強く、新聞では無印だがかなり人気をしてしまうだろう。

▲ゴールデンバローズ

2歳時からかなりの期待をされていた馬だが、なかなか流れに乗りきれず。
降級しても結果がすぐには出せなかったが、休養を挟んで本調子に戻ってきた印象。
前走は外からの絶好の手ごたえで上がってきて後続を引き離す圧勝だったし、2kg減ならオープンでも十分通用するはず。
ただ、前走が派手だった上に潜在的な人気もあり過剰人気状態。
ピンかパーの部分があるタイプでもあるし、このオッズなら飛ぶパターンも持ってはおきたい。

☆ラインシュナイダー

内枠でなければこの馬が本命でも良かったのだが…
前走の薫風Sは好メンバーが揃った1戦だった。
そこから3kg減で出て来られるというのはプラスに働きそう。
ドリームキラリに巻き込まれたり、包まれたりしなければ好走できそうだが。

△1メイショウウタゲ

穴馬として面白そうなのはこの馬だろう。
前走の総武ステークスは惨敗してしまったが、この馬はスローでレベルの低いレースになってこその馬。
ドリームキラリの作るペース次第だが、ペースが落ちつけば2-3着はありそう。

△2ラテンロック

東京1600mに実績はないが、ここ数戦の内容を考えれば通用してもおかしくないはず。

競馬ブログランキングへ
〇ドリームキラリ
▲ゴールデンバローズ
☆ラインシュナイダー
△1メイショウウタゲ
△2ラテンロック
△3ブライトライン
△4サンライズホーム
△5モズライジン

買い方はこちらの無料メルマガで配信しています!

メルマガ登録はこちらから